smadan

なぜ、日本人は痴漢や盗撮を止められないのか?【勝部元気のウェブ時評】

先週、駅で女性を盗撮していた男性に注意したら、逆上して暴行を受けるということがありました(詳細は速報ニュースを参照)。そのことをTwitterやFacebookで報告したところ、たくさんの方々から心配の声や称賛の声を頂戴しました。

それはとても嬉しかったのですが、一方でモヤモヤしたものも強く感じたのです。私は当たり前のことをしただけなのに、なぜ「そんな男性は滅多にいない!」とまで大絶賛されているのか、と。例えるならば、会社のゴミ拾いをしたら社内から大絶賛されるような感覚です。

もちろんそれは痴漢や盗撮を注意するという当たり前のことをする人が少ないからでしょう。ではなぜ、盗撮や痴漢に注意できない人が多いのでしょうか?


見て見ぬふりの日本人、多過ぎませんか?


なぜ、日本人は痴漢や盗撮を止められないのか?【勝部元気のウェブ時評】
画像は本文と関係ありません

そもそも盗撮や痴漢をされた当人が被害を訴えても、周りから見て見ぬふりされることは非常に多いと言われています。実際、周りから誰にも声をかけてもらえなかったせいで、犯人を取り逃してしまった人や、「証拠を見せろ!」と脅迫する加害者の高圧的な態度にひるんでしまったという人も少なくありません。被害者は孤独の戦いを強いられることも多いのです。

駅で盗撮を注意したら暴行された私のケースでは、幸運にも止めに入ってくださった2名の男性と、駅員さんを呼んでくださった方がいたのですが、他にもたくさん人がいたのにもかかわらず、その人たち以外はやはりスルーでした。私はあえてそのような傍観者たちに目線を合わせてみたのですが、目線を逸らしてそそくさとその場を立ち去る人や、視線が合っているのに棒立ちで何もしない人ばかりです。

また、警察の到着を待っている時間にTwitter検索で調べてみると、「〇〇で喧嘩があった」と傍観していた人のコメントをいくつか見かけました。野次馬はどこの国でもいるのでしょうけれども、この国には見て見ぬふりがあまりに多すぎるなと改めて感じた次第です。これでは当然一般的な女性が声をあげるということは、かなりのハードルでしょう。


エゴイズムは恥という自覚が無いのでは?


また、女子SPA!編集部から事件の詳細についてインタビューをされた記事がヤフーニュースに転載されたのですが、そのコメント欄の中には、「すごく勇敢だと思うけど、旦那には真似して欲しくないと思うのは私だけかな?」という投稿がありました。そう、「自分(や自分と近しい人)さえ良ければ良い」というエゴイズムです。おそらくこのように感じる人は少なくないでしょう。

確かに「自分や自分の大切な人が仕返しを受けるのではないか」とリスクを考えてしまうこと自体は、致し方無い側面もあると思います。ただ、その選択をすることは、被害者を見捨てて加害者に間接的に加担してしまっているわけです。「情けないこと」であり「恥ずべきこと」であり「醜いこと」であり、被害者にとても申し訳ないことをしているという自覚が必要でしょう。

ところが、巻き込まれたくないという思いが強い人たちほど、それらの罪悪感が希薄だと思うのです。どこか「自分が大事だから被害者を見捨てて当然だよね」という態度を感じます。クラス全員がイジメの傍観者になればイジメが無くならないように、エゴイズムの人ばかりでは犯罪が無くなるはずがありませんね。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

お買いものリンク