smadan

「イクメンでなくてはならないプレッシャー」男性は責任感が強い人ほど注意が必要

「イクメンでなくてはならないプレッシャー」男性は責任感が強い人ほど注意が必要

妻の妊娠が分かり、いざ自分が父親になったとき、初めてのことならきっと不安は大きいだろう。世間ではイクメンが奨励されていることもあり、プレッシャーも大きいはずだ。
しかしそんな父親になりたての夫は、妻が妊娠後、具体的に何をすればいいのかなかなか参考になるものがない。
そこで妻が妊娠した後、出産までの期間、夫は何をすればいいのかを専門家に教えてもらった。

夫は、妻が妊娠したら何をすべき?


今回、質問に答えてくれたのは、産後の母親の暮らしを支える専門家「産後ドゥーラ」の人たちだ。行動面、経済面、精神面から、妻の妊娠後、現場の視点から夫がすべきことを教えてもらった。

●妻の話に耳を傾ける
「まずは仕事を切り上げて、早く帰ってきてくれるだけでいいです。産後はとくにそうされてください。そして、妻の言葉に愛を込めて耳を傾けてみてください。女性は『感情の言語化』により、頭の整理整頓ができ、聞いてもらえることで『愛されている』と感じることができるものです」

●妊婦健診や両親学級に参加する
「妊婦健診や病院の両親学級、地域の保健センターのプレパパママ講座などに一緒に参加するのもおすすめです。出産の方法、立ち合い出産の方法や、産後の過ごし方、どんな父親・母親になりたいかを夫婦で語り合ってみる。妊娠中から、パートナーと一緒に親になる姿勢を持つための行動をするといいです」

●妊娠出産費、産褥期・産後ケア費の準備
「妊娠・出産準備費用に加え、産褥期(産後6~8週間)の養生期間における産後ケアの予算計画を立てましょう。産後ケアとは、お食事の用意や赤ちゃんの沐浴(もくよく)、母乳外来や母乳育児が軌道に乗るまでの母親サポートのことです。産褥婦(さんじょくふ)は水仕事などの家事はもとより、回復まで沐浴のような重労働はしてはいけません。お父さんが沐浴できないときは、祖父母にお願いしてみたり、母乳外来や、地域で訪問可能な助産師さんを探したりして料金表も確認しておきましょう。産後ドゥーラもお手伝い可能です。

あわせて読みたい

  • 婚活パーティーでモテていると勘違い? 結婚したくなくなる「婚活中毒」の罠

    婚活パーティーでモテていると勘違い? 結婚したくなくなる「婚活中毒」の罠

  • フランス新大統領の24歳差婚から考える日本の恋愛下手問題【勝部元気のウェブ時評】

    フランス新大統領の24歳差婚から考える日本の恋愛下手問題【勝部元気のウェブ時評】

  • 彼女を怒らせた時、ひたすら謝れば解決すると思ってない?

    彼女を怒らせた時、ひたすら謝れば解決すると思ってない?

  • 夫の育休取得が迷惑がられる理由 どうすればうまくいくのか

    夫の育休取得が迷惑がられる理由 どうすればうまくいくのか

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年6月29日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら