review

「キングオブコント2017」採点データ分析。本当に「にゃんこスターのせい」だったのか徹底検証

「にゃんこスターのせいでしょうね」

10月2日に放送された『キングオブコント2017』(TBS系列)。ファーストステージで8番目に登場したアキナの点数について、さまぁ〜ず大竹は「にゃんこスターのせい」と口にした。いったい何が起こったのか。採点データから今大会を振り返ってみたい。
「キングオブコント2017」採点データ分析。本当に「にゃんこスターのせい」だったのか徹底検証
今大会の台風の目となったにゃんこスター。翌朝には『めざましテレビ』に出演し、ワタナベエンターテイメント所属も決定。
イラスト/小西りえこ

にゃんこスターはとんでもない物を盗んでいきました


審査形式は前回前々回と同じ。5人の審査員(バナナマン、さまぁ〜ず、松本人志)が100点満点で採点し、ファーストステージ上位5組がファイナルステージへ進出。ファイナルステージも同様に1人100点満点で採点し、ファーストステージとファイナルステージの合計点が最も高い者をキングとする。

10代目キングとなったかまいたちは、ファーストステージを2位で通過している。ここで1位になったのは、結成5ヶ月での決勝進出、最年少ファイナリスト(アンゴラ村長:23歳4ヶ月)、事務所に所属しないフリー芸人と、全てが異例づくしのにゃんこスターだった。

大塚愛の「さくらんぼ」に乗せた「リズムなわとび」のネタは、アンゴラ村長が縄跳びを跳んだり跳ばなかったりする様をスーパー3助が横からキレキレにツッコみ、「にゃんこスターでした〜!」というカーテンコールでオチに。スタジオを爆笑と混乱の渦に巻き込んだ結果、三村と松本は今大会最高点の「97点」をつけた。
「キングオブコント2017」採点データ分析。本当に「にゃんこスターのせい」だったのか徹底検証
『キングオブコント2017』全組の審査結果。審査員がつけた最高点を赤、最低点を青とした。

三村:家に帰ってもう一回見たい(笑)
設楽:結成5ヶ月でここまで完成度高くて……2本目が見たい。

この記事の画像

「「キングオブコント2017」採点データ分析。本当に「にゃんこスターのせい」だったのか徹底検証」の画像1 「「キングオブコント2017」採点データ分析。本当に「にゃんこスターのせい」だったのか徹底検証」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク