smadan

恋するペンギン「グレープ君」 けもフレ・フルルに見守られ天国へ

恋するペンギン「グレープ君」 けもフレ・フルルに見守られ天国へ
東武動物公園公式Twitterより

人気アニメ『けものフレンズ』とのコラボで話題となった東武動物公園のフンボルトペンギンの“グレープ君”が10月12日に死亡したと同園が発表した。死因は現在調査中だ。

東武動物公園では今年4月から、大人気テレビアニメ『けものフレンズ』コラボの一環として、各動物展示場に作中のアニマルガール計26体のパネルが設置する取り組みを実施。グレープ君がいたペンギン舎には、フンボルトペンギンの“フルル”というキャラクターのパネルが置かれていた。

不思議なことにグレープ君はフルルのそばから離れず、じっと見つめたまま長い時間を過ごす姿が度々話題に。テレビ番組にも取り上げられるなど、「まるで恋をしているみたい」とファンの間でも盛り上がっていた。反響が大きかったため、コラボレーション期間が終了したあともペンギン舎のパネル展示は継続されていた。

ところが、10月11日にグレープ君の体調に変化が見られ、同日より来園客への展示を中止。21歳という、ペンギンの年齢では“おじいちゃん”だったグレープ君は大事を取って静養していた。その際にフルルのパネルも一緒に移動し、グレープ君を見守っていたという。


アニメ公式、フルル声優も追悼


グレープ君の訃報を受け、アニメでフルルの声優を担当した築田行子さんはTwitterを更新。悲しみの声を寄せた。


さらに一緒に作品を盛り上げた“フレンズ”として、けものフレンズの公式Twitterも以下のようにコメントした。


同アニメのファンからも「コラボがキッカケで、君の姿を生で見れて本当に良かった。こんなに寂しい事はない」「今までありがとう、グレープ君」「フルルを見つめるグレープ君に癒されていました。ご冥福をお祈りいたします」などの追悼コメントが数多く寄せられている。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2017年10月13日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース