マッチングアプリ「Tinder」は10月26日、右スワイプ(LIKE)される大学ランキング調査の結果を発表した。調査は関東では「MARCH」、関西では「関関同立」を対象に10月1日〜23日に実施。スワイプされたトータル数をランキング化し、一人のユーザーが何度もスワイプされた場合、総スワイプ数を反映した。
Tinderで右スワイプされた大学ランキング発表 MARCHと関関同立で1位はどこ?

関東エリアでは中央大学が1位。2位に法政大学、3位は立教大学、4位明治大学、5位に青山学院大学と続いた。MARCHの中で中央大がトップになった理由を同社は「都心から離れた場所にキャンパスがある中央大学生はtinderを通じて、学生同士の出会いが活発になっているのではないか」と分析している。

関西エリアでは立命館大学が1位で、2位が関西学院大学、3位に関西大学、4位は同志社大学という順になった。立命館大学は2015年、大阪の茨木にキャンパスを新設し、大阪・京都・滋賀の三県にキャンパスがある。「立命館生がさまざまな地域でtinderに登場し、多くの人からLIKEを集めたのではないか」と同社は分析している。