90s

大河ドラマに朝ドラ……浅利陽介の凄すぎる名脇役ぶりを振り返る!

今年10月に放送された「世にも奇妙な物語’17 秋の特別編」の中で、ひときわインパクトを放っていた作品が、「フリースタイル母ちゃん」ではないだろうか。
中山美穂演じる主婦が、不思議なリップクリームの力でラップバトルを繰り広げるという奇想天外な話だが、中山美穂の慣れない(だが少しずつ上手くなって行く)ダサいのかキレがあるのかわからないような絶妙なラップと、今っぽいが突っ込みどころ満載の世界観が印象的だった。

このドラマの中でキレッキレのラップを披露する不良役を演じたのが浅利陽介だ。こまめに更新されている彼のブログには、「ヒップホップもともと、好きなんす。」と自ら綴っている。
最近では出演作「コード・ブルー−ドクターヘリ救急救命」(フジテレビ系)のヒットに伴って知名度を上げているように思える浅利陽介。

「よく見かけるけどあの人誰?」というような立ち位置で数々のドラマその他に出演しているが、現在30歳の彼のキャリアは4歳からデビューとかなり長い。

大河ドラマに朝ドラ……子役時代から凄かった


1994年に当時をときめく内田有紀主演の「17歳-at seventeen-」(フジテレビ系)でドラマデビューした浅利陽介。

1996年にはNHK大河ドラマ「秀吉」で宇喜多秀家の少年時代を演じた。その後も「元禄撩乱」「北条時宗」と話題の大河ドラマに次々出演。2004年の大河ドラマ「新選組!」では、香取慎吾演じる近藤勇の養子となる谷周平を演じていたのを覚えている人も多いのではないだろうか。素朴な中に凛々しさのある顔立ちは時代劇に映えるようだ。浅利は、2016年までに8作もの大河ドラマに出演している。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク