review

「コウノドリ」7話。子宮全摘出の決断「お母さんになる人生とお母さんにならない人生。何が違うのかなあ」

小松「鴻鳥先生、私決めたよ。悔しいけど仕方ない。これが私の人生だ」

11月24日放送の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)第7話。
サクラ、四宮らとともにペルソナ総合医療センターで長年働いてきた助産師の小松が、子宮腺筋症、卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)の治療のため、子宮の全摘出手術を決断した。
「コウノドリ」7話。子宮全摘出の決断「お母さんになる人生とお母さんにならない人生。何が違うのかなあ」
吉田羊が表紙を飾った雑誌『OWN (オウン) 2017 SPRING&SUMMER』(世界文化社; MEN'S EX5月号臨時増刊版)

第7話 あらすじ


ある日、お腹の痛みで倒れてしまった助産師の小松吉田羊)。「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。
心配したサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に促され詳しい検査をおこなった結果、子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞であることが明らかになる。子宮の全摘出手術をすすめられるが、小松は手術に踏み切れないでいた。

人間は死ぬまで一人。でも仲間なら助け合える


小松「鴻鳥先生は、どうしたらいいと思う?」
サクラ「手術も選択肢のひとつとして、考えたほうがいいと思います」
小松「鴻鳥先生のいう手術っていうのは、子宮を全部取るってことだよね。卵巣嚢胞も一緒に」

ドラマの中でもテロップがあったとおり、小松が患った「子宮腺筋症」とは子宮に発生した子宮内膜症のこと。本来は子宮の内側に位置する子宮内膜に似た組織が、外側の子宮筋層にできる病気だ。
そして、「卵巣チョコレート嚢胞」とは、卵巣に発生する子宮内膜症のこと。卵巣の中に嚢胞(袋)ができ、その中に古くなった子宮内膜や経血が溜まっていく。

あわせて読みたい

  • 「コウノドリ」死産の残酷、出産は奇跡

    「コウノドリ」死産の残酷、出産は奇跡

  • 「コウノドリ」星野源の思いは通じたか

    「コウノドリ」星野源の思いは通じたか

  • 「コウノドリ」応援上映したくなった!

    「コウノドリ」応援上映したくなった!

  • 「コウノドリ」親の献身を美談にしない

    「コウノドリ」親の献身を美談にしない

  • レビューの記事をもっと見る 2017年12月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コウノドリ2

    コウノドリ2

    TBS系ドラマ「コウノドリ」のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース