review

「コウノドリ」産婦人科医の力が及ばない現実、死産…改めて「出産は奇跡」5話

瑞希「私のせいですか? 私が切迫早産だったからですか? もっと安静にして、シャワーの回数を減らしていれば良かったですか?」
サクラ「違います。西山さんのせいではありません」
瑞希「じゃあ、なんで赤ちゃん死んじゃったんですか……?」

2017年11月10日放送の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)第5話。切迫早産の可能性があり緊急入院していた妊婦が、原因不明の死産を経験する。
「コウノドリ」産婦人科医の力が及ばない現実、死産…改めて「出産は奇跡」5話
金曜ドラマ『コウノドリ』主題歌 Uru「奇蹟」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

第5話 あらすじ


妊娠27週を迎えた妊婦・西山瑞希(篠原ゆき子)は、切迫早産の可能性があると診断され、緊急入院することになった。同じく切迫早産で入院していた同室の七村ひかる(矢沢心)と意気投合。お互いに励まし合いながら正産期を待つ。
しかし、ある日鴻鳥サクラ(綾野剛)がエコーを確認すると、瑞希の赤ちゃんはお腹の中で亡くなっていた。

出産は奇跡、だから人ができないこともある


サクラ「僕も昨日から、ずっと考えています。なんでだろう、なんでだろうって。でも、わからないんです」

四宮「死産の四分の一は原因不明なんだ。俺たちにだってわからないことがある。できないことだってある。俺なら絶対に頭を下げない。次の出産に向けて、綿密な計画を練るだけだ」

苦難を乗り越えて赤ちゃんが誕生する奇跡を見せてきてくれた『コウノドリ』。5話では、産婦人科医であっても力が及ばないことがある現実を「原因不明の死産」をもって描いた。

「早産」とは、妊娠37週0日~41週6日までの正産期と呼ばれる期間以前の出生のこと。日本では、妊娠22週0日~36週6日までの出産を早産と呼んでいる。

あわせて読みたい

「「コウノドリ」産婦人科医の力が及ばない現実、死産…改めて「出産は奇跡」5話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    見た目が「殺し屋」(笑)だけに、落ち着いて妻に温かく寄り添う姿が泣けた。サプライズの手作りケーキを見て号泣した。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コウノドリ2

コウノドリ2

TBS系ドラマ「コウノドリ」のレビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース