review

追悼・星野仙一「ファミリーヒストリー」と誰も知らなかった「あー、しんどかった」の真実

プロ野球の中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一氏が1月4日に亡くなった。70歳だった。現役時代は気迫あふれるプレーで“燃える男”の異名を取り、監督時代も闘志を剥き出しにした指揮で“闘将”の名をほしいままにした。監督として3チームを優勝に導いたのは、プロ野球史上、星野を含めて3人だけである。

NHKでは追悼企画として、2015年5月に放送された『ファミリーヒストリー』星野仙一の回を1月10日に再放送を行った。そこで語られていたのは、仙一が生まれる前に亡くなった父・仙蔵と、夫の死後、女手ひとつで家族を支え続けた母・敏子の足跡と生き様だった。

星野仙一と名古屋の深い縁


仙一は母子家庭で育っているが、父と母のルーツのことはほとんど知らないようで、自身の著書にも間違った記述がいくつか見られる(「父は神戸の出」「母親が浅草の古い紙問屋の娘」などと書かれていた)。これは母がほとんど過去のことを語らなかったことに理由があるようだ。

岡山県倉敷市出身の仙一がプロ野球選手として入団したのは、名古屋を本拠地に置く中日ドラゴンズ。巨人からドラフト指名を受けるはずが約束を反故にされ、「打倒巨人」を誓ったというエピソードは有名だ。だが、実は仙一は名古屋と大きな縁があった。仙一の両親が出会った場所が、名古屋だったのだ。

母の敏子は、愛知県幡豆(はず)郡饗庭(あいば)の出身。現在の愛知県西尾市吉良町にあたる。「星野」という姓は母方のものだ。ちなみに星野監督時代に中日に入団し、プロ野球の最多登板、最多セーブ記録を持つ岩瀬仁紀投手も西尾市の出身である。

この記事の画像

「追悼・星野仙一「ファミリーヒストリー」と誰も知らなかった「あー、しんどかった」の真実」の画像1 「追悼・星野仙一「ファミリーヒストリー」と誰も知らなかった「あー、しんどかった」の真実」の画像2 「追悼・星野仙一「ファミリーヒストリー」と誰も知らなかった「あー、しんどかった」の真実」の画像3 「追悼・星野仙一「ファミリーヒストリー」と誰も知らなかった「あー、しんどかった」の真実」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「追悼」に関する記事

「追悼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「追悼」の記事

次に読みたい「追悼」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク