review

「アンナチュラル」6話。ビットコイン、暴行疑惑、厚労省のごまかし…なんでこんなに現実とリンクする!

石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。架空の組織「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、死因究明のスペシャリストたちが活躍する法医学ミステリーだ。

平昌オリンピックの煽りを受けて視聴率は下がってしまったが、視聴熱ウィークリーランキングのドラマ部門では2位の『海月姫』にほぼダブルスコアの差をつけてぶっちぎりの1位だった。熱いファンは増えており、ツイッターでは“あま絵”的なファンアートも大量に見ることができる(なんて言えばいいんだろう? “アン絵”?)。ダミーだったタイトル「解剖、ときどき恋」のイメージイラストが傑作。

先週放送の第7話「友達じゃない」では、主人公の法医学医・三澄ミコト(石原さとみ)と臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)との友情にスポットが当てられた。野木によるとタイトルはだいたいダブルミーニングになっているという。今回の場合は否定的な「友達じゃない」と肯定的な「友達じゃない」。同じ言葉なのに真逆の意味。まさにコインの裏表だ。チャリーン。

「合意のない性行為は犯罪です」


「アンナチュラル」6話。ビットコイン、暴行疑惑、厚労省のごまかし…なんでこんなに現実とリンクする!
イラスト/まつもとりえこ

月会費5万円! という高級ジム主催の異性間交流会(合コン)にいそいそと出かけた東海林。しかし、翌朝、見覚えのないベッドで目を覚ますと、隣でパーティーに参加していた男・権田原(岩永洋昭)が死んでいた!

東海林には店を出た後の記憶がまったくなかった。「酔うほど飲んだ覚えはない」のに急に眠気に襲われて、そのまま権田原にホテルに連れ込まれた。権田原が東海林の酒に睡眠薬を入れていたのだ。ホテルの監視カメラの映像には、東海林を抱える権田原の姿が写っていた。同意の上だったのではないかと疑う毛利(大倉孝二)にミコトははっきりと告げる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

アンナチュラル

アンナチュラル

石原さとみ主演の『アンナチュラル』はTBS系で放送されている金曜ドラマ。死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」が舞台で、数々の不可解な事件を解明していく。

2018年2月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。