review

「アンナチュラル」4話。その仕事は「人を死なせてまでやることなのか?」忖度とブラック企業を打ち砕け

石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。架空の組織「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、死因究明のスペシャリストたちが活躍する1話完結の法医学ミステリーだ。

先週放送された第4話の視聴率はググッと反発して11.4%。「ザテレビジョン」が発表した1月29日~2月4日の連続ドラマ週間視聴熱ランキングでは見事にトップ1を獲得した。そうだろう、そうだろう。「誰がために働く」と題された4番目のエピソードは、法医学ミステリーの形式をとりながら現代社会が抱える問題を鋭く抉り、同時に家族を守ろうと働き続ける父親たちの気持ちを描く、胸が熱くなる佳編だった。
「アンナチュラル」4話。その仕事は「人を死なせてまでやることなのか?」忖度とブラック企業を打ち砕け
イラスト/まつもとりえこ

過労死か、修理ミスか、医療ミスか


今回、UDIラボに持ち込まれた案件は、労働問題を主に取り扱う弁護士であるミコトの義母、夏代(薬師丸ひろ子)からのもの。バイクで交通事故死した男性・佐野(坪倉由幸)の死因を究明してほしいというのだ。佐野の妻・可奈子(戸田菜穂)は幼い2人の子どもを抱えて途方に暮れていた。夏代は彼女を助けるために立ち上がったのだ。

佐野は話題の商品「しあわせの蜂蜜ケーキ」の工場の製造責任者として、月140時間を超える残業をこなしていた。夏代は過労を疑っていたが、工場長の松永(春海四方)は頑として残業を認めない。経緯を聞いて、ケーキをわちゃわちゃ食べていた東海林(市川実日子)、久部(窪田正孝)、神倉(松重豊)が一斉に神妙な表情になるところがおかしい。相変わらず、こうした緩急が絶妙だ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年2月9日のレビュー記事
「「アンナチュラル」4話。その仕事は「人を死なせてまでやることなのか?」忖度とブラック企業を打ち砕け」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    坪倉さん良かったよね〜

    16
  • 匿名さん 通報

    よく坪倉さんをこんなマジメな役にキャスティングしたよね

    10
  • 匿名さん 通報

    中堂の過去が、さらにわかる回になるのか、焦らされるのか❗❓気になります。

    4
  • 匿名さん 通報

    録画忘れてがっかりしてたらGyaoで見れた!便利~

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

アンナチュラル

アンナチュラル

石原さとみ主演の『アンナチュラル』はTBS系で放送されている金曜ドラマ。死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」が舞台で、数々の不可解な事件を解明していく。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース