連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第6週「叫びたい!」第36回5月12日(土)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二

36話はこんな話


律(佐藤健)は、同じマンションに住む、同じ西北大生・浅井正人(中村倫也)と出会う。
一方、鈴愛(永野芽郁)は、メシアシとして呼ばれただけで、漫画修業ができるわけではないことにショックを受け、とんでもない行動に出る。

「泣きたくないのですのです」


「こんなんに大切に育てたのに」「どこの羊の骨ともわかんないのの餌食になったら」
和子(原田知世)は律を心配する心の声を口に出して、律に指摘される。
いつもだとナレーション(風吹ジュン)が心情を語るが、ナレーションが入る間もないほど和子の感情は切実で、だだ溢れしてしまったのだろう。
そのほか、「あいよ」「泣きたくないのですのです」など、原田知世だから可愛いと思える台詞も飛び出した。

マンションの窓から、下の道路を歩く和子に「ありがと」と声をかける律。
颯爽と歩いていく原田知世の後ろ姿は、現役感(主役感)たっぷりだった。

ミレーヌ


律はワンレンボディコンと知り合いたいというオトコの欲望を秘めていた。そのためには鈴愛に岐阜のときのようにしょっちゅう来られては困ると。
そんな血気盛んな男の腹の上に子猫が乗っかる。どこから入ってきたのかと廊下に出て見ると、ワンレンボディコンの女が、芝居がかった台詞を吐いている。