連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第7週「謝りたい!」第37回5月14日(月)放送より。 
脚本:北川悦吏子 演出:土井祥平

37話はこんな話


カリスマ漫画家・秋風羽織(豊川悦司)に雇われて東京にでてきた鈴愛(永野芽郁)だったが、メシアシ(炭水化物要員)として呼ばれただけで、漫画修業ができるわけではないことにショックを受け、生原稿を窓からばらまくと脅すことでついに漫画に関する課題を得る。はじめての漫画作業・・・それは「カケアミ」だった。

衝撃「セクハラされたと訴える」


窓から生原稿をばらまこうとするどころか、「セクハラされたと訴える」とまで言う鈴愛。
鈴愛がつかった「セクハラ」は2018年現在、話題沸騰のワード。89年に「セクシャルハラスメント」が新語・流行語大賞をとっているので、鈴愛が使ってもおかしくない。
朝ドラ、ヒロインが「セクハラ」という言葉を使ってまでも、自分の自由に生きる権利を行使しようとするのは、80〜90年代を生きるヒロインのドラマらしいし、2018年の現在、なおもそれが課題になっていることが興味深い。

ところで、>「みんなの朝ドラ」で、00年代に朝ドラが視聴率的に低迷したのは、85年の男女雇用機会均等法施行以降の女性のライフスタイルの変化であることについて書いた。
朝の支度をしながらドラマを見る専業主婦が減り、外に仕事に出ていったため、結婚、子育てを描く朝ドラにでは物足りなくなっていったこと、そのため、働く女性ほか新しい女性像をいろいろ描くトライはしたものの、つくりが90年代以降盛り上がっていた民放のドラマには及ばず弾けず、魅力に乏しかったのではないかと考察した。

この記事の画像

「「半分、青い。」37話。鈴愛は傍若無人だが、サブタイトルであらかじめ謝っている」の画像1 「「半分、青い。」37話。鈴愛は傍若無人だが、サブタイトルであらかじめ謝っている」の画像2