review

「シグナル」まだ5話なのに北村一輝の不幸の連鎖が凄い、あまりに可哀想なので総括してしまった

坂口健太郎が初主演を務めるドラマ、フジテレビ系「シグナル 長期未解決事件捜査班」(関西テレビ制作、毎週火曜21時〜)の第5話。

ずっと思ってたけど、大山(北村一輝)は不幸過ぎないだろうか。

あらすじ


過去に繋がる無線機の交信相手、大山の素性を調べていた三枝(坂口健太郎)。かつて大山と同僚だった岩田(甲本雅裕)に話を聞くと、2000年に収賄懲戒免職になり、失踪していたことを知らされる。簡単には事実を飲み込めない三枝だったが、調べれば調べるほど、大山がワイロを受けとっていた証拠が出てきてしまう。

1週間振りに繋がった無線の先の大山は、連続窃盗事件を追っていた。大山は過去に逮捕して更正した元窃盗犯の工藤(平田満)の疑いを晴らすためにも、三枝に事件の詳細を聞くが、三枝は「過去を変えるのは危険だ」と気が進まない。それでも食い下がる大山に、三枝が仕方なくヒントを与えると、それがきっかけで過去が悪変してしまう。
「シグナル」まだ5話なのに北村一輝の不幸の連鎖が凄い、あまりに可哀想なので総括してしまった
イラスト/Morimori no moRi

大山の不幸まとめ


それにしても大山はかわいそうだ。まだ第5話なのに、とんでもない数の不幸に巻き込まれている。それをまとめてみた。

1話(2000年)
・遺体を発見し、三枝に無線で報告に、後ろから何者かに鈍器のようなもので殴られる。
2話(2000年)
・三枝と無線で交信、「これが最後の通信になるかもしれません」と死を覚悟したような口ぶりの大山。その直後、銃声のような音がして無線が途絶える。

3話(1997年)
・連続女性殺害事件捜査中に、女性が拘束されているのを発見。後ろから犯人に殴られる。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年5月15日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

シグナル 長期未解決事件捜査班

シグナル 長期未解決事件捜査班

16年に韓国で放送された同名ドラマの日本リメイク版。坂口健太郎が演じる現代を生きる刑事が、過去を生きる刑事と、謎の無線機で交信し、未解決事件を解決する物語。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース