review

野村克也が伊藤智仁を新庄が立浪を!『プロ野球史上最高の選手総選挙』片手にうまい酒を飲もう

プロ野球シーズン真っ盛りだが、贔屓チームの勝敗に一喜一憂するだけがプロ野球ファンじゃない。偉大な記録や鮮烈な記憶をもとに、過去の名選手を語りだしたら止まらない人は大勢いる。

そんなファン心理を巧みに突いたのが今年1月に放送された特番『ファン1万人がガチで投票! プロ野球総選挙』だった。タイトルどおり、1万人のファンが現役選手、外国人助っ人、OBあわせて8800人をランキングにしたもので、野手部門が1位イチロー、2位王貞治、3位長嶋茂雄、投手部門が1位大谷翔平、2位野茂英雄、3位稲尾和久という想定外の結果となり、大きな反響を呼んだ。

それならばプロ野球選手が選んだ「史上最高の選手」は誰なのか? ランキングはどうなるのか? 頭の中に浮かんだ疑問を実行に移してしまったのが『レジェンドOBが選んだ! プロ野球史上最高の選手総選挙』(宝島社)である。

ノムさんが選ぶ「頭脳ナンバーワン」の投手は?


この本は、金田正一、野村克也、張本勲、山田久志、福本豊、柴田勲、掛布雅之、北別府学、山本昌、山崎武司、谷繁元信、田尾安志ほか、111名にも及ぶ「レジェンドOB」たちが独断と偏見で投手ベスト5と野手ベスト5を選び、それを集計してランキングにしたもの(自薦は不可)。レジェンドOBのインタビューもたっぷり収録している。

総選挙の結果は本書を見るまでのお楽しみ。ここでは興味深いコメントを引用してみたい。

球史に残る大捕手にして名監督・野村克也が投手1位に選んだのは、400勝投手・金田正一(国鉄ほか)。「まあ(全盛期なら)いまでも通用するだろうね」と絶賛だ。投手3位に選んだ江夏豊(阪神ほか)については「投手としての頭脳でいえば、俺が接したなかでは江夏がナンバーワン」と評価している。投手5位に伊藤智仁(ヤクルト)を選んでいるのも趣深い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

イチローのプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イチロー」に関する記事

「イチロー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イチロー」の記事

次に読みたい「イチロー」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク