review

何と読む?「集く」「集る」ミミズは鳴くのか鳴ないのか「米光一成の表現道場」

何と読む?「集く」「集る」ミミズは鳴くのか鳴ないのか「米光一成の表現道場」

何と読む?「集く」
何と読む?「集く」「集る」ミミズは鳴くのか鳴ないのか「米光一成の表現道場」

「集まる」は「あつまる」と読む。
「集う」は「つどう」と読む。
では、
「集く」












「すだく」

「くさむらに集く虫を聞く」というふうに使う。
もともとは「集まる」意味だったが、
虫などが集まって鳴く、という意味にも使われるようになった。

もう一問。
何と読む?「集る」
何と読む?「集く」「集る」ミミズは鳴くのか鳴ないのか「米光一成の表現道場」

さて、
「集る」












「たかる」

「ハエが集る」「お金を集られる」というふうに使う。
よりあつまる、群がる、という意味。
人に金品をせびるときにも使う。

ミミズは鳴くのか?


何と読む?「集く」「集る」ミミズは鳴くのか鳴ないのか「米光一成の表現道場」

前回、【何と読む?「蚯蚓」】を出題し、その解説で次のように書いた。

「蚯蚓鳴く」で秋の季語。
とはいえ、発音器官を持っていないので鳴いたりはしない。


最初は、「発声器官を持っていないので鳴いたりしない」と書いたのだ。
だが、考えてみれば、ほとんどの虫は発声器官で鳴くわけじゃない。
鈴虫をはじめとして、多くの虫は羽根をすり合わせて「鳴く」。
だから、発声器官をもってなくても鳴ける。
だから、推敲して、発音器官にした。

前回の記事に対して、間違いを発見したとアクションをもらった(感謝)。
大きなミミズだとわかりやすくて、捕まえたりすると「キュッ、キュッ」って鳴くよ。
という指摘だ。

たしかにミミズが「キュッ、キュッ」と音を立てるという事例は、いくつか報告がある。

たとえば、『調べるっておもしろい! ミミズが鳴くってほんとう?』という本。
ミミズは鳴くのか?という疑問を、徹底的に調べている本である。

あわせて読みたい

  • 大人は読めない?難読名 七五三掛龍也

    大人は読めない?難読名 七五三掛龍也

  • 「和七」って何と読む?

    「和七」って何と読む?

  • 何と読む?「竜髭菜」「鳳梨」「珍珠」

    何と読む?「竜髭菜」「鳳梨」「珍珠」

  • 古市憲寿候補作芥川賞選評が辛辣で驚く

    古市憲寿候補作芥川賞選評が辛辣で驚く

  • レビューの記事をもっと見る 2019年9月18日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら