review

「正義のセ」最終回の問い「検事って何だと思いますか」ベタだが説得力あったドラマ。出演芸人総チェックも

水曜ドラマ「正義のセ」(夜10時~)が昨晩ついに最終回を迎えた。

このドラマではいままで、新米検事の竹村凛々子(吉高由里子)が横浜地検・港南支部に赴任してからというもの、さまざまな事件を担当しながら成長するさまが描かれてきた。前回、第9週では、そんな彼女が一時は検事をやめようとまで思い詰めながら、家族や同僚の助けのおかげでどうにか立ち直れたばかり。最終回では、政治家がらみの大きな案件を担当することになる。
「正義のセ」最終回の問い「検事って何だと思いますか」ベタだが説得力あったドラマ。出演芸人総チェックも
イラスト/まつもとりえこ

被害者の恋人の願いが被疑者の心を動かす


最終回で凛々子が、すっかりよき相棒となった事務官の相原(安田顕)と取り組んだのは、政治家の息子が起こした殺人事件。被疑者で衆院議員・中条良成(宅間伸)の息子である秀成(落合モトキ)は、仕事から帰宅中、料理人の入江(佐藤祐基)からいきなり殴りかかられ、思わず、相手の持っていた包丁で刺してしまったという。あくまで正当防衛だったという秀成の主張を裏づけるように、事件の目撃者として検察に出頭した加納(飯田基祐)という男も、先に手を出したのは入江だと証言した。

一方、被害者の入江は過去に傷害事件を起こしていたものの、勤務先の料理屋の主人(小野了)によれば、店ではすっかり更生して熱心に働いていたという。同じ店で働いている入江の恋人の笑子(岡本玲)も、彼はカッとなるような人ではなかったと凛々子たちに話した。このあと、報道で事件を知った女性(小松彩夏)が、事件当夜、秀成にからまれたところを入江が助けてくれたと証言し、ますます秀成への疑惑は深まる。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年6月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

正義のセ

正義のセ

ベストセラー作家・阿川佐和子の同名小説が原作。吉高由里子が演じる駆け出しの女性検事の、痛快お仕事ドラマ。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース