review

「dele」高橋源一郎のリアル、物語に殉じる菅田将暉と山田孝之が神回生んだ3話

8月10日放送『dele』(テレビ朝日系)。語りたい気持ちはあるのに、語るほど野暮になりそうで、口をつぐもうかとさえ思う第3話だった。

作家・高橋源一郎をゲストに起用


今回、ゲスト俳優として起用されたのは高橋源一郎。横浜国立大学在学中は学生運動に参加し、凶器準備集合罪で逮捕歴のある作家だ。また、4度の離婚歴と5度の結婚歴を持つ移り気な人でもある。

彼が今回演じたのは、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄。「dele. LIFE」の事務所にやって来た浦田の依頼は、死後、削除する前にパソコンのデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余貴美子)へ届けてほしいというもの。
数日後、浦田が海に飛び込んで自殺したことが判明した。
「dele」高橋源一郎のリアル、物語に殉じる菅田将暉と山田孝之が神回生んだ3話
イラスト/Morimori no moRi

公安のスパイを演じる高橋源一郎


6人の脚本家を擁し、異なる脚本家が週替りで各話を担当するのがこのドラマの特徴。アクションありの初回、親子関係を扱った2話。そして、第3話はラブストーリーだった。

ネタバレしてしまうと、浦田はただの写真館店主ではなく、公安のスパイである。浦田の使命は、江角を監視すること。彼が使命を全うしたのは、なんと28年間。月3万円の報酬で、浦田は江角を見張り続けた。
そして、公安は監視を打ち切る。公安に切られた浦田は江角が営む理容室を訪ね、「写真館を閉める」と告げた。お返しに、江角は浦田に勧めた。
「一度くらいは、うちで髪を切りませんか?」

浦田は、江角の客になることができなかった。理由は、江角が監視対象者だから。でも、もう監視は打ち切られた。浦田は江角に髪を切ってもらうことにした。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「dele」高橋源一郎のリアル、物語に殉じる菅田将暉と山田孝之が神回生んだ3話」の みんなの反応 2
  • やあま 通報

    丁寧に解説してくださり、ありがとうございます。 1本の映画を見ているような錯覚に陥りました。平成の終わりに昭和が本当に遠くに行きつつあることが役者さんの抑えた表現からじわじわと伝わってきました。

    2
  • くろまる 通報

    今でも3話を観た時の心の震えみたいなものがしっかり残っています。本当に神回でしたよね。脚本、ロケ地、映像、役者陣、そして音楽。制作側の本気と底力と実力をしっかりと感じました。久々です。こういうのは。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

dele

「dele」レビュー記事一覧

2018年8月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。