review

「半分、青い。」155話。 ユーコの最期の声に涙 

       
連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「幸せになりたい!」第155回 9月28日(金)放送より
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二
「半分、青い。」155話。 ユーコの最期の声に涙 
半分、青い。 メモリアルブック (ステラMOOK)

半分、青い。 メモリアルブック

155話はこんな話


仙台を訪ねた鈴愛(永野芽郁)はユーコ(清野菜名)が最後に残した声を聞く。


このドラマ、突如として、俳優たちがウィスパーボイスで喋りだしてきたと154話で書いたが、鈴愛、律(佐藤健)、弥一(谷原章介)と来て、155話はユーコの夫・浅葱洋二(山中崇)のウィスパー劇場だ。

ユーコが鈴愛の話ばかりしていたこと。そよ風ファンができたら病院で使うと思っていたことなどを話す洋二。「病院に入れたいなんて 言ってました」「ユーコのケータイが・・・」などの語尾や単語の響きが完璧。
最適な音を選択すると豊川悦司の秋風の喋り方にも似てくる。余談だが先日放送された「LIFE!」でそれは金八先生の台詞回しにも近いことが感じられたが、とにもかくにも、北川悦吏子の台詞は最適な調子があるように思う、譜面のように。

そう思って見ていると、秋風羽織が声だけだが登場し、ウィスパーのバトンを受け継ぐ。というか真打登場である。
「人生は希望と絶望の繰り返しです」と秋風先生が速達(秋風羽織だけでなくかっこして美濃権太とまで)を出して来た。鈴愛と律に連名で。
「希望を持つのはその人の自由です」などと、律と鈴愛を励ます。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「半分、青い。」155話。 ユーコの最期の声に涙 」の みんなの反応 30
  • 匿名さん 通報

    鈴愛から花野、律から翼への愛情が今ひとつ感じられないと思っていたらユーコもだった…。息子へのメッセージは二言三言で鈴愛には力説。主人公が親になった割に、子世代への思いが希薄なドラマだったなあ。

    31
  • 匿名さん 通報

    津波が迫る中、一人でも多くの患者を助けようとしてる最中に、あんな録音を残す時間があるのでしょうか? 1分半以上は喋っていたと思うのですが。厳しいことを言うようだけど、緊急時の対応としてはどうかと思う。

    22
  • 匿名さん 通報

    裕子は助かる可能性を自ら放棄して、動けない患者さんと運命を共にしたということ? もうこれ以上は助けられないと判断したら、自分が助かることを考えるべきだったでしょうね。自分だけでなく家族のためにも。

    21
この記事にコメントする

もっと読む

「半分、青い。」に関する記事

「半分、青い。」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「半分、青い。」の記事

次に読みたい「半分、青い。」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「半分、青い。」

朝ドラ「半分、青い。」

NHK「連続テレビ小説」第98作目で、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインを永野芽郁が演じた。主題歌は星野源の「アイデア」。2018年4月2日〜9月28日放送。

2018年9月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。