review

「半分、青い。」154話「生まれることがめでたくて死ぬことが哀しいっていうのは乱暴な気さえするんや」

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「幸せになりたい!」第154回 9月27日(木)放送より
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二
「半分、青い。」154話「生まれることがめでたくて死ぬことが哀しいっていうのは乱暴な気さえするんや」
半分、青い。 メモリアルブック (ステラMOOK)

半分、青い。 メモリアルブック

154話はこんな話


祈り虚しくユーコ(清野菜名)は震災で亡くなった。
ショックを受けた鈴愛(永野芽郁)は岐阜に帰省する。

「間違っとるな」


永野芽郁の玉のような涙がいくつも零れた。

ふさぎ込む鈴愛をなんとか励まそうと草太(上村海成)がブッチャー(矢本悠馬)と菜生(奈緒)を呼んだ。
「間違っとるな」とまず言い出すブッチャー。
間違っとるのは、大きなリーゼントだろうか。それとも、ユーコが亡くなるなんてという気持ちか。

ブッチャーは呼ばれた期待に応えようと必死におどけ続ける。ほんと、いつだってこの人はいい人だ。菜生も。
だが鈴愛の心のなかはユーコを失った悲しみでいっぱい。
片耳の聴力を失ったとき以上だと、半身を失くしたようだと片方の目を手のひらで覆って世界を見る。NHK出版から出ているムック本の第一弾のなかに、永野芽郁と佐藤健が片方の目を覆っている写真(撮影レスリー・キー)があってそれが素敵だったので、それがここで生かされたように思う。または斎藤工の短編映画『半分ノ世界』(レビューで以前ご紹介しました)。

40年待ってた


鈴愛のいない間もそよ風ファンの開発は進む。
海外に部品を発注してなんとかなったものの、部品がデザインを損なうのでさてどうしようとなるも、律(佐藤健)は鈴愛のやりたいようにやらせてあげたいと考える。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「半分、青い。」に関する記事

「半分、青い。」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「半分、青い。」の記事

次に読みたい「半分、青い。」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「半分、青い。」

朝ドラ「半分、青い。」

NHK「連続テレビ小説」第98作目で、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインを永野芽郁が演じた。主題歌は星野源の「アイデア」。2018年4月2日〜9月28日放送。

お買いものリンク