review

「半分、青い。」154話「生まれることがめでたくて死ぬことが哀しいっていうのは乱暴な気さえするんや」

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「幸せになりたい!」第154回 9月27日(木)放送より
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二
「半分、青い。」154話「生まれることがめでたくて死ぬことが哀しいっていうのは乱暴な気さえするんや」
半分、青い。 メモリアルブック (ステラMOOK)

半分、青い。 メモリアルブック

154話はこんな話


祈り虚しくユーコ(清野菜名)は震災で亡くなった。
ショックを受けた鈴愛(永野芽郁)は岐阜に帰省する。

「間違っとるな」


永野芽郁の玉のような涙がいくつも零れた。

ふさぎ込む鈴愛をなんとか励まそうと草太(上村海成)がブッチャー(矢本悠馬)と菜生(奈緒)を呼んだ。
「間違っとるな」とまず言い出すブッチャー。
間違っとるのは、大きなリーゼントだろうか。それとも、ユーコが亡くなるなんてという気持ちか。

ブッチャーは呼ばれた期待に応えようと必死におどけ続ける。ほんと、いつだってこの人はいい人だ。菜生も。
だが鈴愛の心のなかはユーコを失った悲しみでいっぱい。
片耳の聴力を失ったとき以上だと、半身を失くしたようだと片方の目を手のひらで覆って世界を見る。NHK出版から出ているムック本の第一弾のなかに、永野芽郁と佐藤健が片方の目を覆っている写真(撮影レスリー・キー)があってそれが素敵だったので、それがここで生かされたように思う。または斎藤工の短編映画『半分ノ世界』(レビューで以前ご紹介しました)。

40年待ってた


鈴愛のいない間もそよ風ファンの開発は進む。
海外に部品を発注してなんとかなったものの、部品がデザインを損なうのでさてどうしようとなるも、律(佐藤健)は鈴愛のやりたいようにやらせてあげたいと考える。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年9月28日のレビュー記事
「「半分、青い。」154話「生まれることがめでたくて死ぬことが哀しいっていうのは乱暴な気さえするんや」」の みんなの反応 27
  • 匿名さん 通報

    律「40年待ってた」って…。律が未婚だったらすんなり聞けたセリフだけど、子までなしといてそりゃないでしょ。「いろいろあったけどやっぱりあいつだ」ならまだわかる。でも翼くんはどっちにしても不憫。

    34
  • 匿名さん 通報

    キミカ先生の台詞は正直違和感がありました。天寿を全うしたり病気で事前に覚悟ができている場合ならともかく、災害や事故で突然命を奪われた人の遺族や友人はそんな言葉を受け入れられるものなのかなと思いました。

    31
  • 匿名さん 通報

    短いセリフだったけど、弥一さんが翼くんが写真で賞とった話してたね。より子さん離婚後も「おじいちゃん」に孫のこと連絡してくれてるのかな。よかったね、弥一さん。

    21
  • 匿名さん 通報

    オリジナルの現代劇なら今作くらい起伏に富んでいた方が面白いと私は思います。

    20
  • 匿名さん 通報

    友人を亡くして悲しいのは当たり前なのに、それを乱暴よばわりすることないだろう。

    13
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半分、青い。

半分、青い。

NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース