review

「半分、青い。」153話。ユーコが……衝撃の報告

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「幸せになりたい!」第153回 9月26日(水)放送より
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二
「半分、青い。」153話。ユーコが……衝撃の報告
半分、青い。 メモリアルブック (ステラMOOK)

半分、青い。 メモリアルブック

153話はこんな話


「やり直さないか」と涼次(間宮祥太朗)に言われた鈴愛(永野芽郁)だったが断る。彼女にほかに大事な人がいることはカンちゃん(山崎莉里那)も気づいていた。

逃げてもいい


152話の終わりで「やり直さないか」と切り出し、153話の最初で「でも、それはもう」と断られる涼次。
なんだか「ねるとん」で玉砕する人みたいだ。
でも仕方ない。涼次は作劇における「当て馬」(本命同士が結ばれるまでに盛り上げる役割、当人は報われない)である。間宮祥太朗にはいかにその役を短期間で印象的に演じられるかが課せられていたわけで、みごとにその役割を全うしたと言えるだろう。

バタバタと話が進むなかで、俳優たちの一瞬の表情が力になる。
三おば(キムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩)が、151話で見せたカンちゃんと涼次の再会を見守る表情、鈴愛と涼次の顛末を見つめる表情がじつに豊かで、叔母たちの人情がひしひしと伝わってくる。

帰ってきて、布団のうえで鈴愛とカンちゃんが遊んでいるところも楽しそうだった。
それにしてもカンちゃんはよくできた子。涼次と律(佐藤健)のことをさっぱり割り切って見える。

こんな状況だからこそがんばろう


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「半分、青い。」に関する記事

「半分、青い。」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「半分、青い。」の記事

次に読みたい「半分、青い。」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「半分、青い。」

朝ドラ「半分、青い。」

NHK「連続テレビ小説」第98作目で、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインを永野芽郁が演じた。主題歌は星野源の「アイデア」。2018年4月2日〜9月28日放送。

お買いものリンク