連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「幸せになりたい!」第156回 9月29日(土)放送より
脚本:北川悦吏子 演出:田中健二
最終回「半分、青い。」これほど激しく賛否が分かれた朝ドラも近年ない
半分、青い。 メモリアルブック (ステラMOOK)

半分、青い。 メモリアルブック

156話はこんな話


2011年7月7日、つくし食堂で、そよ風ファンのお披露目パーティーが行われる。
出席者は、カンちゃん(山崎莉里那)、晴(松雪泰子)、宇太郎(滝藤賢一)、草太(上村海成)、里子(咲坂実杏)、大地(田中レイ)、弥一(谷原章介)、健人(小関裕太)、麗子(山田真歩) ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)、満(六角精児)、富子(広岡由里子)、木田原五郎(高木渉)、幸子(池谷のぶえ)、ボクテ(志尊淳)、正人(中村倫也)とずらり。
取材中、鈴愛(永野芽郁)は、そよ風のファンの名まえの変更を思いつく。
その名は・・・マザー。
母親への思いを託したものだった。

こばやん、再登場


そよ風ファンの取材に来た地元の新聞記者は、こばやんこと小林(森優作)だった。
高校時代、鈴愛の初恋というか初デートの相手である。

扇風機をつくった鈴愛に「回るものが好きでしたね」と指摘するこばやん。
エキレビレビューでは40話から、鈴愛のまわるもの好きに注目していた。

こばやんの台詞は「くるくる」になっていたが、回想の鈴愛は「ぐるぐる」と言っているのと「グルグル定規」の名まえからも、レビューでは「ぐるぐる」に統一した。