review

唐沢寿明、広瀬アリス「ハラスメントゲーム」「美味しんぼ」っぽいコンビがハラスメント問題にド直球で1話

「ドラマBiz」第3弾『ハラスメントゲーム』(テレビ東京・月曜22:00〜)が放送開始された。

最近、ひねりまくった妙な深夜ドラマで存在感を放っているテレ東が、ド直球な内容で勝負しているのが、「働くこと」をテーマにしたこの「ドラマBiz」枠だ。

2018年の4月からスタートしたばかりの枠だが、テレ東の気合いの入れようはかなりのもの。

第1作『ヘッドハンター』の主演は江口洋介、第2作『ラストチャンス・再生請負人』では仲村トオル。そして第3作目となる今期の『ハラスメントゲーム』では唐沢寿明を主演に据えており、脇役陣も含めテレ東っぽくない豪華さだ。

本作のテーマはタイトルの通り「ハラスメント」。

スポーツ界のパワハラ問題や、「#MeeToo運動」で注目されたセクハラ問題。その他、身近な場でも何かと「○○ハラ」なんてことを言われるようになっている昨今。旬な社会問題をド直球で攻めてきた!
唐沢寿明、広瀬アリス「ハラスメントゲーム」「美味しんぼ」っぽいコンビがハラスメント問題にド直球で1話
イラストと文/北村ヂン

ダーク・高嶋政宏たち濃い曲者キャラから目が離せない


大手小売店「マルオースーパー」練馬店で、メロンパンの中に1円玉が混入するという事件が起こる。

売り場主任・佐々部幸弘(尾上寛之)は「パワハラをやめないとマルオースーパー全店舗に制裁を加える」という若い女性からの電話を受けたと証言し、混入事件に加え社内でパワハラが行われていることが判明する。

新店舗開店への影響を心配し、警察に届けるのを渋る社長・丸尾隆文(滝藤賢一)は、社内で問題を解決するため富山中央店店長・秋津渉(唐沢寿明)を本社に呼び戻し、コンプライアンス室への異動を命じる。

あわせて読みたい

  • 男泣き「ルーズヴェルト・ゲーム」7話

    男泣き「ルーズヴェルト・ゲーム」7話

  • 「正義のセ」ベタだけど説得力があった

    「正義のセ」ベタだけど説得力があった

  • ネットにはびこる「在日認定」のデマ

    ネットにはびこる「在日認定」のデマ

  • 『美味しんぼ』の「福島の真実」は果たして「風評被害」なのか

    『美味しんぼ』の「福島の真実」は果たして「風評被害」なのか

  • レビューの記事をもっと見る 2018年10月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ハラスメントゲーム

    ハラスメントゲームのレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース