review

「中学聖日記」有村架純と岡田健史は似ている。青い稲と夕暮れが表したのは…2話

「俺、からかって言ったわけじゃなくて、先生が好きです。だから、先生が自分の思いたいように事実を捻じ曲げてふわふわするのは勝手ですけど、僕はそういう人間なんで」

10月16日(火)放送の火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)第2話。
第1話のラストで、男子中学生・晶(岡田健史)が国語教師の聖(有村架純)に告白をした。告白に対して、聖は2話の冒頭で「先生、黒岩くんに嫌われてると思ってた。ありがとう」と答える。教師としての立場から、感謝を伝えて受け流した。しかし、それでは晶の思いはおさまらなかった。
「中学聖日記」有村架純と岡田健史は似ている。青い稲と夕暮れが表したのは…2話
イラスト/まつもとりえこ

恋愛の皮の下で人間同士の共鳴を描く


「とにかく、距離を取る」

生徒に告白されてしまった聖は、新任だけあって経験が少なく、そういう場合にどう対処したら良いか迷っていた。先輩教師の千鶴(友近)に晶のことを相談するなどして、まずは距離を置くことを決める。勉強でわからない部分の相談に乗ったり、怪我の面倒をみたりするのは、教師として常識的な範囲の接触だ。

そんな聖の態度は、晶にとっては「常識的な教師の振る舞い」ととらえることができなかった。

「聞いてもいいですか。どうしてこんな風に」
「ん?」
「僕のこと助けてくれて、こんな風に面倒みてくれて」
「怪我してるんだからさ、担任として当然でしょ」
「それだけですか?」

晶にとって聖は、多少なりとも特別に自分を助け、面倒をみてくれる人。聖の「教師と生徒」の線引きをしようという意識が、かえって晶に特別な印象を与えてしまっていたのかもしれない。

あわせて読みたい

  • 今夜から有村架純「中学聖日記」予習編

    今夜から有村架純「中学聖日記」予習編

  • 有村架純「中学聖日記」発表詳細レポ

    有村架純「中学聖日記」発表詳細レポ

  • 松本潤×有村架純ナラタージュの方法

    松本潤×有村架純ナラタージュの方法

  • 最終回「ひよっこ」続編可能性と赤い服

    最終回「ひよっこ」続編可能性と赤い服

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年10月23日のレビュー記事
    「「中学聖日記」有村架純と岡田健史は似ている。青い稲と夕暮れが表したのは…2話」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      >すぐに聖の親が「お友達の真似っこしたのよねえ」と遮る。仕事も「辞めなさい」と言われる。  この母親はうざかったですね❗

      2
    • 匿名さん 通報

      大昔”高校聖夫婦”という大映ドラマがあったなぁ。

      1
    • 匿名さん 通報

      友だちが生徒にストーカーに遭っているので、このドラマはちょっとな…と思ってしまいます。

      0
    • 匿名さん 通報

      このドラマを擁護する人はロリコンも認める記事を書くべきだ

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    中学聖日記

    中学聖日記レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース