review

「西郷どん」41話。鈴木亮平が別人のように恰幅がよくなっている

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第41回「新しき国へ」11月4日(日)放送 演出:石塚 嘉

西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版

島津久光の見せ場


41話は花火と島津久光(青木崇高)ではじまった。
大砲かと震える爆音は花火で、あげさせているのは久光。
酔っているのか足元おぼつかないながら、「わしはまだまだ終わらんど〜」と豪語する。

このレビューでは島津久光(青木崇高)のことをずいぶんと贔屓にしてきた。
島津久光というより青木崇高のことである。
冒頭の濃い芝居をはじめとして、これまでの彼の頑張りが島津久光を、書かれていること以上に魅力的にしていた。

最初からずっと出来のいい兄・島津斉彬(渡辺謙)と比較され続け、ぼんやりキャラとして位置づけられてきた久光。カメといつも一緒。
歴史上ではもう少し知性や教養のある人物のようだが「西郷どん」での役割は声と態度だけ大きく、いつも苛立っていて、新しい世の中で置いてきぼりになっていく人という印象である。「国父」と呼ばれるまでになったもののドラマの中ではたいてい軽視されてきた。
前にも書いたが、一橋慶喜(松田翔太)と並ぶ二大ぼんくらキャラである。
慶喜も最後だけ少しだけいいところを見せる場があったが、久光にもついに見せ場が。

廃藩置県が行われ新しい国をつくろうという動きの中で、岩倉具視を中心に、欧米使節団が組織される。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

お買いものリンク