review

「西郷どん」40話。西郷と大久保、おにぎりの友情

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第40回「波乱の新政府」10月28日(日)放送 演出:大嶋慧介
「西郷どん」40話。西郷と大久保、おにぎりの友情

西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版

「まさかあ 考え過ぎじゃ」「ですです」


ナレーション(西田敏行)が完全に菊次郎目線に。
「わたくし(菊次郎)は・・・」と言い出した。

新政府は武士の時代を終わりにしようとしていた。
西郷(鈴木亮平)は菊次郎(城桧吏)に、これからは武士も百姓も皆、同じ。島人も大和人の差もなくなる。勉強することが大事と説く。

大久保(瑛太)と岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が天子さまの言葉(東京に上がることを命じる)をもって鹿児島にやってきたが、島津久光(青木崇高)は激しく咳き込み、体が良くないので役に立てないとのらくらして、岩倉を「仮病や!」と怒らせる。
岩倉は天子さまのことしか考えてない、わーわー騒いでばかりのへんな人にしか見えない。

なんかこういうちまちましたところばかり描いている。新しくなったタイトルバックの自然の映像がまた美しくスケールが大きく見ていて気持ち良い。
「廃藩置県」の説明の映像も良かった。日本地図に各藩の家紋をぎっしり並べ、各藩の権利を奪って東京に集中するところを赤にしてそれが日の丸になる画像は、内容はともかく(東京に力を一極集中させること)、なめらかでセンスがいい。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年11月4日のレビュー記事
「「西郷どん」40話。西郷と大久保、おにぎりの友情」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    >あと、しょっちゅう書いているが、久光の青木崇高が良い。  ですね。はまり役でしたね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュース

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュース

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース