review

「西郷どん」38話。視聴率2桁に戻る。瑛太が笑い、鈴木亮平が泣いて角刈りに

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第38回「傷だらけの維新」10月14日(日)放送 演出:野田雄介

西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版

彰義隊、1分


長州藩主・大村益次郎(林家正蔵)の作戦に従い〈彰義隊〉を壊滅させた吉之助(鈴木亮平)。
わずか半日の闘いを、ほぼ1分で見せた。
〈彰義隊〉のターン、これで終了なり。

そしていつものタイトルバック。
明治天皇 野村万之丞というクレジットに、おおとなった。
狂言の超名門のお生まれで、17年に万之丞を襲名したばかりの21歳。シン・ゴジラの中の人こと野村萬斎も親戚筋に当たる。
大河ドラマのいいところのひとつに伝統芸能の方々が生きることがあり、こういうキャスティングだけは長く続けていってほしいと願う。

それはともかく。
彰義隊が倒れてもなお東北、北越諸藩の抵抗は止まらず、最後の最後まで闘う意思の吉之助は援軍を頼むために薩摩に戻る。
あとで描かれるが、島津久光(青木崇高)が久しぶりに出てきて(亀も一緒に)、すっかり西郷を信頼し、兵も金も何もかも思うようにしていいと許可を与える。

「いまじゃった」(ただいま)と帰って来た吉之助を、西郷家は大歓迎。
小兵衛(上川周作)が、戦場で大負傷しながら生き延びた信吾(錦戸亮)の話を小芝居風にして見せる。
「真田丸」でも描かれていたことだが、こうやって人が人へ伝えていったことが、今、歴史や歴史物語として残っている。だから、正しいこともあれば、間違っていることもあるだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

お買いものリンク