review

「西郷どん」39話。西田敏行サプライズ登場、子役は「万引き家族」のあの子で明治編へ

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第39回「父、西郷隆盛」10月21日(日)放送 演出:盆子原 誠
「西郷どん」39話。西田敏行サプライズ登場、子役は「万引き家族」のあの子で明治編へ

西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版

西田敏行、貫禄の登場


いよいよ明治編に突入した「西郷どん」。
明治37年、京都市長となった西郷菊次郎は西田敏行というサプライズ。
ナレーションの声だけから肉体も登場となった。

このシーンこそ林真理子の原作の第一巻の冒頭に近い。菊次郎が市長になるところからはじまる原作を事前に読んでいた読者としてはほっとした。38回、長かったー。
なにより西田敏行の貫禄や滋味に高年齢及び昔ながらの大河ドラマ好きの視聴者が戻ってきたか、ビデオリサーチ調べによれば視聴率は12.3%(関東地区)、14.8%(関西地区)。

引き継ぎする前市長・内貴は時代考証の磯田道史。西田と磯田のやりとりは圧倒的に差があり過ぎたが、そこはスルーしたい。

父・西郷隆盛が維新を行った京都で市長になったことを讃えられた菊次郎だったが、自分は長らく父の名を出してこなかったと控えめだ。なにしろ、西郷家の嫡男ではないからと。
39話は嫡男問題が通奏低音となる。

助役・川村鉚次郎(川口覚)から偉大なる父・西郷隆盛のことを聞かせてと請われ、知らないことが多いが明治2年の頃から話そうと菊次郎が語り部になる。じゃあ、それまでの西田敏行ナレーションは誰視点なの〜。と思ったがそれもスルーしておく。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

お買いものリンク