review

「西郷どん」42話「国家の大事にそん是非を決められんちょなら 今すぐこげな政府はやめたほうがよか」

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第42回「両雄激突」11月11日(日)放送 演出:野田雄介

西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版

留守を守る


西郷(鈴木亮平)に髪を切ってもらって菊次郎(城桧吏)がヨーロッパへ学びに旅立っていく。
いつものダイナミックなタイトルバックが流れている間に1年経過。
西欧に使節に行った大久保(瑛太)が西郷に手紙を出してきた。
ヒゲははやしているが頭部の毛は悩みで抜けてしまった大久保。10ヶ月の予定が1年過ぎてしまい、それでもまだまだ学ぶことが多くてなかなか帰れない。

西郷のほうも問題はいろいろ。
一緒に大蔵省のしごとをしている井上馨(忍成修吾)が不正を働き私腹を肥やしていたことが判明。
余談だが、忍成修吾はこの数年、小物の悪人ぽい役かメロドラマの相手役みたいなものばかりやってる気がする。ナイーブな少年役をやっていた時が懐かしい。

西郷の思いはただひとつ、民が食に困らないで生きていけることだ。
成果の上がらない使節団を当てにせず、新しいメンツで“留守政府”を動かし始めたが、“血税”と言われる徴兵制度を行うことにして、サムライも町人もみんな平等に国を守ることにした。

血税と聞いて、血を取られるのかと戦々恐々する長屋の住人たちはそうでないことを知って安堵するも、徴兵制度とは血を取られるのと同じようなものではないだろうか。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

お買いものリンク