review

新垣結衣「獣になれない私たち」自分に逆らう女は「可愛くない」だと?視聴者のヒートを集めた田中圭6話

野木亜紀子脚本、新垣結衣主演の水曜ドラマ『獣になれない私たち』。5人のダメな男女が交錯しながら恋愛に喜んだり苦しんだりする“ラブかもしれないストーリー”もいよいよ後半戦。

先週放送の第6話では、自由奔放でトラブルメーカーでもある呉羽(菊地凛子)と恒星(松田龍平)の関係、いまだに宙ぶらりんのままの晶(新垣結衣)と京谷(田中圭)の関係がさらにジワッと深く描かれていた。ふたつのカップル、知れば知るほど一筋縄ではいかない。
新垣結衣「獣になれない私たち」自分に逆らう女は「可愛くない」だと?視聴者のヒートを集めた田中圭6話
イラスト/まつもとりえこ

呉羽と恒星の場合 その1


「誰が誰と何しようが、お互いに良ければ自由。だよねー、タクラマカン!」

恒星とかつて「都合の良い、名前のない関係」だった呉羽は、恒星と晶がキスをしているところを見てもあっけらかんとしたもの。呉羽の前で晶の彼氏面(づら)する恒星だが、どこか意地を張る子どものよう。呉羽が去ると、晶が楽しそうに恒星をからかう。

「恒星さんって、呉羽さんのこと、すっごい好きだよね」

屈託のない笑顔になる晶。先週までの「しあわせなら手をたたこう(パンパン)」という感じではない。暖色の光に包まれたクラフトビールバーは彼女にとって特別な空間なんだろう。

自らのブランドを立ち上げ、ショップもオープンし、寝たい男とは寝てしまう。怖いもの知らずに見える呉羽だが、不穏な噂が聞こえてきた。呉羽と夫の橘カイジは偽装結婚だと言うのだ。

噂を聞いた恒星はすぐに行動する。呉羽のショップの店員に聞き込みをすると、そこでも「偽装結婚」の言葉が。さらに呉羽が以前所属していた事務所に訴訟を起こされていたことも判明する。橘カイジと呉羽を訴えた事務所はかかわりがあるらしい。一方、橘カイジの会社と呉羽の会社は提携している。呉羽と橘カイジが結婚すれば、訴訟は取り下げられる可能性は高い。だから呉羽は橘カイジと偽装結婚をした――。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新垣結衣「獣になれない私たち」自分に逆らう女は「可愛くない」だと?視聴者のヒートを集めた田中圭6話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    朱里がいい味出してる。黒木華さんってこういう役もできるんですね。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

獣になれない私たち

獣になれない私たちのレビュー記事一覧

2018年11月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。