review

「獣になれない私たち」松田龍平、本音が言えて男泣き!まさかの飯尾和樹登場にネットが揺れた8話

新垣結衣主演の水曜ドラマ『獣になれない私たち』。5人のダメな男女が交錯しながら恋愛や仕事に四苦八苦する“ラブかもしれないストーリー”も佳境にさしかかってきた。

先週のレビューで、このドラマは心の中の言葉、本音を語るかどうかがポイントになっているんじゃないかと書いた。メインキャストの名前、晶、恒星、京谷、呉羽、朱里にはそれぞれ“口”の字が含まれているが、本音を押し殺して生きてきた晶と恒星の名前には閉ざされた口=“日”の字がいくつも含まれている(注:ネーミングの由来についてはあくまで筆者の妄想に過ぎません)。

先々週放送の第7話では晶(新垣結衣)が恋人の京谷(田中圭)に本音を言って別れを決断したが、先週放送の第8話は恒星(松田龍平)が本音を言えるようになるまでのプロセスを丁寧に追ったエピソードだった。
「獣になれない私たち」松田龍平、本音が言えて男泣き!まさかの飯尾和樹登場にネットが揺れた8話
イラスト/まつもとりえこ

「男の人のプライドって面倒くさいね」


クラフトビールバー「5tap」にいた恒星のもとに、024で始まる市外局番から電話が入る。福島県にある恒星の実家を取り壊すという連絡だった。恒星の実家は東日本大震災による福島第一原発事故で避難指示を受けた区域内にあり、昨年解除されたばかりだった。

父親が経営していた海産物加工の会社は兄の陽太(安井順平)が引き継いでいたが、風評被害によって倒産。恒星は会社の粉飾決算に手を貸したが、プライドを傷つけられた陽太は妻子を残して失踪していた。

「逃げてるんだよ」
「何から?」
「現実から」...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年12月5日のレビュー記事
「「獣になれない私たち」松田龍平、本音が言えて男泣き!まさかの飯尾和樹登場にネットが揺れた8話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    えっあの人和也の声の人だったんだ!えっ岡持ってあの火事現場の人だったんだ!

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース