review

恐怖「黄昏流星群」パンを焼き続ける中山美穂、3人家族で2週間はもつ量だ…心の闇がパンの数に現れた7話

『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜』(フジテレビ系・木曜22:00〜)第7話。
入院中にやって来た友人・須藤武史(岡田浩暉)の「別れた家族との思い出の品を倉庫で預かって欲しい」という頼みから、「捨てるに捨てられない想い出の品を預かる」という新規事業をひらめいた瀧沢完治(佐々木蔵之介)。

銀行から出向させられて以降、仕事をやってるんだかやってないんだか状態だったのに、いきなり仕事に燃える。
恐怖「黄昏流星群」パンを焼き続ける中山美穂、3人家族で2週間はもつ量だ…心の闇がパンの数に現れた7話
イラストと文/北村ヂン

このドラマは何だ? 『下町ロケット』か?


誰からも相手にされていなかった新規事業が、たったひとりでビラ配りをしたり(地道にもほどがあるなー)、ヒャダイン演じる、異常にチャラいけどハートフルなIT社長の協力を得たりして、じょじょに評判を呼び、社員たちも協力してくれるようになり、成功を収める……というビジネスドラマを見せられて、脳が混乱。

これ、何のドラマだったっけ? 『下町ロケット』?

かと思いきや、夜まで残業しつつ目黒栞(黒木瞳)と逢い引き。不倫ドラマとしてのプライドも忘れていなかった!

それにしても、客から預けられた思い出の品を見ながら、「娘の運動会では……」とか「妻が撮った写真が……」と、不倫相手にペラペラしゃべる完治はデリカシーがなさすぎる。

ただでさえ栞は、完治の娘・美咲(石川恋)から「父と別れてください」と言われたばかりで心が弱ってる状態。いや、そうじゃなくても不倫相手に家族の話するってダメだろ。

そもそも完治、不倫にズブズブにハマって「アナタの力になりたいんです!」とか言ってるわりには、自分の家庭を壊す気は皆無なところが気になっていた。

あわせて読みたい

  • 「黄昏流星群」遂に一線を越えてしまう

    「黄昏流星群」遂に一線を越えてしまう

  • 「黄昏流星群」娘の相手で笑ってしまう

    「黄昏流星群」娘の相手で笑ってしまう

  • 痛いアラフィフ「黄昏流星群」恋愛逃避

    痛いアラフィフ「黄昏流星群」恋愛逃避

  • 「黄昏流星群」中山美穂がどうかしてる

    「黄昏流星群」中山美穂がどうかしてる

  • レビューの記事をもっと見る 2018年11月29日のレビュー記事
    「恐怖「黄昏流星群」パンを焼き続ける中山美穂、3人家族で2週間はもつ量だ…心の闇がパンの数に現れた7話」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      まさか『十年愛』:大江千里のあの伝説の迷シーンを思い出すことになろうとはwww

      2
    • 濱イェイ 通報

      ミポリンには今後もパンを焼きまくってほしいと思いました。 主婦=パンを焼くのが当たり前という謎の決めつけにも笑いました。 あの大量のパンはミポリンが焼いたそうですね。今週もパン出てきてほしいです。

      0
    • 匿名さん 通報

      『半分青い』に出てきた「パン女」を思い出しました。(元ネタは東京ラブストーリーのおでん女)

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    黄昏流星群

    黄昏流星群のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース