アニメ『BANANA FISH』(→公式サイト)最終回。
Amazon Prime Videoで配信中。
最終回「バナナフィッシュ」公式の計らいに感動…アッシュとエイジを愛してくれてありがとう「光の庭」是非
最近発売された「BANANA FISH」20巻は、エイジとアッシュそれぞれの前日譚。これと、19巻収録の「ANGEL EYES」「光の庭」で、「BANANA FISH」は真の意味で完結するといっていいほどの傑作

派手なアクションシーンてんこ盛りな最終回。改変を効果的に入れつつ(まさかのドリル!)、爽快感と喪失感の両方を描いてくれた。
百発百中のスナイパーライフルで、ブランカの異様な強さを映像化してくれたのも楽しい。
原作は日中の戦闘だったのを夜中にしたことで、アッシュがシンに未来を諭すシーンが朝日と共に浮かび上がり、よりポジティブになった。

最終回のサプライズ


最終回で、アニメ本編と別の部分でのサプライズがあった。
まずオープニング終了後すぐの、黒地に浮かぶ白い文字。
「石塚運昇氏に感謝を込めて」

ディノ・ゴルツィネ役の石塚運昇は、今年の8月13日に亡くなった。
彼を悼むファンが多かったと共に、ディノの声は途中で変わるのではないか?と不安の声もあがった。
しかし、ディノの声は最後まで、石塚運昇だった。亡くなる前に全部収録していたのだろう。

ディノが撃たれて死に瀕している場面のテロップ。
その後ディノは、ねじくれまくった愛で、自分の命と引き換えにアッシュを救う。火の海に落ちていく時の、愛憎混じった表情は、アニメオリジナル。
石塚運昇の演じるディノの声は、落ち着いた迫力はあったが、単純に怖い「悪」のものではなかった。
その静けさすらある演技が、最終回の儚く散る男、愛の人ディノの姿に説得力をもたせた。
石塚運昇あっての、最高に悪役で、最高に魅力的な人間、ディノだった。