アニメ『BANANA FISH』(→公式サイト)。
「第21話 敗れざる者」が今日11月29日(木)25:05より、フジテレビ”ノイタミナ”ほかで放送。Amazon Prime Videoで毎話フジテレビ放送開始1時間後より配信予定。

20話はゴリゴリのアクション回。エイジとシンたちによるパーティー会場でアッシュ奪還、地下鉄での攻防、博物館でのステルスアクションと盛りだくさん。
加えて、ケインの頼もしさが一際目立って表現された回でもある。彼の存在は、激情的なアッシュやシンと異なる、安定したカリスマ感がある。
「バナナフィッシュ」月龍くんちょっと髪長すぎじゃない?ほら言わんこっちゃない20話 
『LisOeuf♪(リスウフ♪)』vol.10 表紙。20話はアクションアクションまたアクション。博物館戦のアサシンっぷりは、尺があればもっと見たかったなあ

月龍は弱いわけじゃないけれども…


今回の月龍は踏んだり蹴ったり。
ディノのパーティーでは、エイジを殺そうとするものの、ボディガード・ブランカに止められてしまう。
博物館では、一人きりになったアッシュ対し、油断しすぎたために捉えられ、人質になってしまうという体たらく。
その際にアッシュにつけられたあだ名が、若様ならぬ「バカ様」
挙句の果てにはディノにこんな皮肉まで言われる始末。
ディノ「あれは凶暴な野生の獣です。深窓のご令息の手に負える代物ではありません。どうかこれからはわれわれにお任せくださいますよう」

彼は薬と毒の使い方に長けているので、暗殺面では飛び抜けた技術の持ち主。バナナフィッシュに対しても知見があり、頭脳面では上記3人に、劣るとまではいかないくらいの人物のはず。特に口が巧みで、人を挑発する術は身につけている。自らの色香を利用して、相手の懐にも入り込む。多様な技術を持つ、手強い相手だったはずだ。