review

「やすらぎの刻」殿方は立って御用を足すのが当たり前? 立ちション問題などさらに倉本聰の主張炸裂第7週

倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第7週。

じょじょに戦争が近づいて来て「道」パートの緊迫感が増していく中、今週は愉快な老人たちの「やすらぎの刻」パート。

大納言こと岩倉正臣(山本圭)の死が描かれるが、あまり悲劇的な展開にならないのは、老人ホームにおいて「死」はとても身近なものだからだろう。
「やすらぎの刻」殿方は立って御用を足すのが当たり前? 立ちション問題などさらに倉本聰の主張炸裂第7週
イラストと文/北村ヂン

自分の死に方くらい自分で決めたい


前作のメイン級キャラ・大納言が、今作ではほぼ見せ場もセリフもないまま危篤に。

キャラクターたちのセリフという体で、ちょいちょい倉本聰自身の主張がぶっ込まれてくることでお馴染みの「やすらぎ」シリーズだが、今回の案件は「尊厳死」だ。

以前もチョロッと「日本尊厳死協会」のパンフレットが紹介されていたが、今回は本格的に大納言の延命治療を続けるか、止めるかを迫られる。

「やすらぎ財団」の理事長であり、「やすらぎの郷」施設内の医師としても活動している名倉修平(名高達男)は、これまでも「タバコが好きなら吸え!」といった医師らしからぬ主張をしてきたが、尊厳死に対しても独自の考えを持っているようだ。

「医学の進歩は、人の命をただ機械的、物理的に生かすだけならかなりのところまで延命できます。しかし果たして本当にその事が人道的であるかとなると、私はどうしても首をかしげざるを得ないんです」

大納言は2カ月以上口から食事を摂っておらず、痛みは麻薬で抑えているものの、その量も限界を超えているという。確かに、それでも延命すべきなのかどうかは考えさせられる。

あわせて読みたい

  • 「やすらぎの刻」おっぱいで大コーフン

    「やすらぎの刻」おっぱいで大コーフン

  • 「やすらぎの刻」戦争の足音と便器の話

    「やすらぎの刻」戦争の足音と便器の話

  • 「やすらぎの刻」ツイテナイ風間俊介

    「やすらぎの刻」ツイテナイ風間俊介

  • 「やすらぎの刻」13歳風間俊介がスゴイ

    「やすらぎの刻」13歳風間俊介がスゴイ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら