review

「やすらぎの刻~道」風間俊介のおねしょから少子高齢化問題まで振り幅デカい、スゴイぞ倉本聰!第6週

「やすらぎの刻~道」風間俊介のおねしょから少子高齢化問題まで振り幅デカい、スゴイぞ倉本聰!第6週
イラストと文/北村ヂン
倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第6週。

第6週のあらすじ


根来家の三男・三平(風間晋之介)が、しの(清野菜名)のヌードを描いていたという騒動以降、ふたりきりで言葉を交わすことすらも禁止された。監視役に任命された四男・公平(風間俊介)は、嫉妬心を丸出しにしながら監視をする。

そんなふたりに本家の鉄兵兄ちゃん(平山浩行)は、小枝を削って文字を書き文通することを提案する。

同じ頃、ニキビ(関口アナン)の祖父が行方不明となる。祖父はだいぶボケが進んでいるため心配されたが、山を越えた先の、若い時分を過ごした村で発見された。

かつて好き合っていたものの、様々な事情で結ばれなかったおトメさんに会いに来ていたのだ。ダブル認知症状態のふたりが数十年ぶりの再会。

「ボケたじいちゃんがどうやって山を越え、昔の恋人を探し出したのか?」と疑問に思う公平とニキビだったが、鉄兵兄ちゃんは、

「人にはそれぞれ原風景ちゅうもんがある。意識しとろうがしとるまいが、子どもの頃に焼き付いた心の風景じゃ」
「お前のじいちゃんもあのばあちゃんも、自分じゃ分からんまま、そういう景色の中に自然と迷い込んでいったんだろう」

と語った。

さらに、公平たちの元に「青っ洟(若林元太)が婚約した」という衝撃情報が。

しかし婚約者・ヨシコ(真凛)は、分校時代に学校を仕切っていたあの犬山(澄人)とも付き合っていた。婚約しているというのに、犬山と寝て「うふ~ん、あは~ん」とドエロい声を上げるヨシコ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「やすらぎの刻~道」風間俊介のおねしょから少子高齢化問題まで振り幅デカい、スゴイぞ倉本聰!第6週」の みんなの反応 1
  • おそそタウン 通報

    天下のクラモト作品だが、解決すべき問題の提示とその解決という、脚本のイロハのイが守られていない。ひたすら出来事が並べられているだけ。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道

幅広い世代から絶大な支持を集めた『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が、新たに映像化。倉本聰×テレビ朝日が再タッグを組んでお送りする『帯ドラマ劇場』にて、2019年4月8日~2020年3月27日放送。

2019年5月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。