review

石川界人&瀬戸麻沙美「ようやく翔子さんにフォーカス」劇場版「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」

6月15日(土)から公開中の劇場アニメ『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』
昨年10月〜12月に放送された『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の続編で、主人公の梓川咲太(CV:石川界人)と、1学年上の先輩で恋人の桜島麻衣(CV:瀬戸麻沙美)、そして、謎の少女、牧之原翔子(CV:水瀬いのり)の3人による、命をかけた、不思議で優しく複雑な物語が描かれていく。

石川界人&瀬戸麻沙美による、主人公&メインヒロイン対談の後編では、ネタバレ全開で物語の結末にも触れながら、咲太や麻衣の思いをさらに紐解いていく。
本作を未見でネタバレが気になる人は、映画館へ行った後、この先を読んで欲しい

(ネタバレ無しの前編はこちら
石川界人&瀬戸麻沙美「ようやく翔子さんにフォーカス」劇場版「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」
石川界人(いしかわ・かいと):プロ・フィット所属。東京都出身。『翠星のガルガンティア』のレド役で初主人公/瀬戸麻沙美(せと・あさみ):シグマ・セブン所属。埼玉県出身。『ちはやふる』の綾瀬千早役で初主人公

現場で一緒にやってみないと、自分がどうなるか分からなかった


──ここからはネタバレありということで、改めて、本作の台本を読んだ時の率直な感想を教えてください。

瀬戸 麻衣さんは、テレビシリーズでは見せなかったくらい感情が高ぶるシーンなども多いなと思いました。家で台本を読む時、最初は声に出しては読まないんですけれど、読んでいると(セリフを)喋ってみたくなって。声に出しながら読んだら、すごく気持ちが乗せられたんですよ。もしかしたら、一番良く乗ってたかなって思うくらいに(笑)。

──そうなのですか?

瀬戸 最初は台本だけを持って、ト書きを参考にしながら、きっとこのタイミングで涙が出てくるとか、ここで叫ぶとか、頭の中でいろいろと考えながら読んだんです。でも、その後に、V(アフレコ用の映像)を見ながら、セリフを合わせようと思ったら、泣くタイミングや、表情が変わって感情が高ぶるシーンのタイミングが私の想像とは少し違っていたりもして。やっぱりアフレコって難しいな、と改めて思いました。気持ちの流れができたとしても、それをアニメーションの決まった尺の中にどう乗せるのかは、また別の難しさがあるんですよね。

あわせて読みたい

  • 本日公開 劇場版響け!ユーフォニアム

    本日公開 劇場版響け!ユーフォニアム

  • 「レイドバッカーズ」橋本監督を直撃

    「レイドバッカーズ」橋本監督を直撃

  • 「シンカリオン」池添隆博監督の狙い

    「シンカリオン」池添隆博監督の狙い

  • 刺さる「転生したらスライムだった件」

    刺さる「転生したらスライムだった件」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月19日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース