review

「やすらぎの刻~道」幽霊・梅宮辰夫に向かって石坂浩二があらすじを解説。前衛的過ぎる総集編第15週

「やすらぎの刻~道」幽霊・梅宮辰夫に向かって石坂浩二があらすじを解説。前衛的過ぎる総集編第15週
イラストと文/北村ヂン
倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第15週。

芸能関係者専用の老人ホーム「やすらぎの郷」を舞台とした現実世界の「やすらぎの刻」パートと、脚本家・菊村栄(石坂浩二)がシナリオを書き、脳内でドラマ化している「道」パート。

2つの世界が入り乱れながら進行するという特殊な構成となっている本作だが、今週はまさかの第3のパートが登場!?

梅宮辰夫が霊界から登場


1年間続く長期ドラマであれば、途中で総集編が放送されること自体は不思議ではないが、その見せ方が、霊界からやって来た亡き父親の幽霊(梅宮辰夫)に向かって、菊村がドラマのあらすじを解説するというかなりトリッキーなものだった。

幽霊役が梅宮辰夫というのがまた……。

大病してからだいぶ痩せてしまった体型に反し、相変わらず思いっきり日焼けした肌の色&真っ白すぎる歯というアンバランスさ。

梅宮本人も「(幽霊役が)やっぱり来たか」と語っていたようだが、霊界から戻ってきた父親という不気味な役柄にピッタリだった。

出演オファーした倉本聰は……やはり意地が悪い。

さて、とっくの昔に逝ったものの「酒がない」ということで現世に戻ってきてしまった父親。霊界では禁酒法が施行されており、禁煙法まで作られようとしているのだ。……どんな世界観なのか!

しかも霊界では「やすらぎの刻~道」のドラマが視聴率85%でナンバー2なのだという。ちなみにナンバー1は「ポツンと一軒家」。

あわせて読みたい

  • 「やすらぎの刻」お国のために命捨てろ

    「やすらぎの刻」お国のために命捨てろ

  • 「やすらぎの刻」万引き繰り返す大女優

    「やすらぎの刻」万引き繰り返す大女優

  • 「やすらぎの刻」ゴシップで老人大喜び

    「やすらぎの刻」ゴシップで老人大喜び

  • 「やすらぎの刻」風間俊介母の死に号泣

    「やすらぎの刻」風間俊介母の死に号泣

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年7月22日のレビュー記事
    「「やすらぎの刻~道」幽霊・梅宮辰夫に向かって石坂浩二があらすじを解説。前衛的過ぎる総集編第15週」の みんなの反応 1
    • jinn 通報

      自分も「今後」の方が気になって仕方ないです…

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら