review

「科捜研の女」上司を連れ回して酷使する暴君マリコとヒーローになったお疲れ日野所長。夏休み気分で11話

       
7月25日に放送された『科捜研の女』(テレビ朝日系)の第11話。いっつも凄い榊マリコ(沢口靖子)だが、今回の彼女は特に凄かった。被害に遭ったのは、科学捜査研究所所長・日野和正(斉藤暁)である。

第11話あらすじ


京都・嵐山にある“静嵐寺”で、前頭部から血を流した住職・和田淳雄(阿部達雄)の遺体が発見された。遺体発見と同時に、本堂に安置されていた市指定文化財の仏像がなくなっていることも発覚! 被害者は、仏像を狙った強盗犯と鉢合わせして揉み合いとなり、縁石に頭を打ち付けたものと思われた。
鑑定を始めたマリコたちは、遺体からアウトドア用品などに使われる緑色の繊維片を発見。付近の防犯カメラから緑の衣料品を身に着けた人物の探索を開始すると、緑のリュックを背負ったあやしい男の存在が浮上。足取りを追ったところ、そのリュックの男は事件後、京都観光の定番“保津川下り”に乗船したらしいことがわかる。マリコは川下り船に乗り込み、観光客でにぎわう中で男の痕跡を探ることに。すると、保津川下り〜馬車〜トロッコと、強盗殺人犯とは思えない観光ツアーのような足取りが判明した。
マリコと土門薫(内藤剛志)は、税関検査が緩くなる観光ツアーを犯人が実際に利用し、文化財を海外に持ち出すつもりでは? と推測。犯人が参加中と予想される出港寸前のツアー船のある舞鶴港へ向かった。ツアー客の荷物を非破壊検査器で調べると、炊飯器の中に隠されていた仏像を発見し、同時に犯人も特定した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「科捜研の女」上司を連れ回して酷使する暴君マリコとヒーローになったお疲れ日野所長。夏休み気分で11話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ちょっとやりすぎ感

    1
  • 匿名さん 通報

    「科捜研」はもう良くないですか?寺西さんに「凪のお暇」をレビューして欲しかったです。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「科捜研の女」に関する記事

「科捜研の女」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「科捜研の女」の記事

次に読みたい「科捜研の女」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

科捜研の女

科捜研の女

シリーズ開始から20年を迎えた沢口靖子主演の大人気ドラマ。京都を舞台に、沢口演じる法医研究員・榊マリコが最新の科学捜査テクニックをもって事件の真相解明に挑む。テレビ朝日系にて、2019年4月18日~2020年3月19日放送。

2019年8月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。