review

「科捜研の女」2代目「宇宙刑事ギャバン」が体現した善と悪のあわい。犯人はヒーローになった

       
8月8日に放送された『科捜研の女』(テレビ朝日系)の第12話。アクティブ過ぎる榊マリコ(沢口靖子)にしばらく見慣れていたので、どっしり腰を据えた今回のエピソードには余計惹きつけられた。日野和正所長(斉藤暁)が引きずり回された11話とのギャップたるや……。

第12話あらすじ


神社の境内で、宝石店の警備スタッフ・春田光彦(モト冬樹)が脇腹を刺されて倒れているところを発見された。マリコらが臨場したところ、現場には花びらや赤い小さな実のようなものが散乱しており、どうやら春田が犯人に襲われた際、持っていた花束を振り回したようだった。
花束に付着していた血液から、傷害や恐喝などで4度の逮捕歴がある男・諸星大地(石垣佑磨)のDNAが検出される。しかし、諸星は春田など知らないとシラを切るばかりで、2人の接点がまるで見当たらない。実は、春田は5年前まで病院の臨床検査技師長をしており、諸星は春田の研究のために血液を6年前から提供していた。諸星の血液には特殊な抗体があり、その血液から多くの新生児の命を救うことができる「グリブリン製剤」が作り出せるのだ。
諸星は6年前に起きたキャバクラオーナー殺人事件の重要参考人である。当時、春田は諸星が出したゴミ袋の中から殺人に使われた刃物を発見し、それを材料に諸星を脅して血液の提供を強制していた。事件当日はイライラしていた諸星に花束で殴りつけられ、別れた後に戻ってきた諸星が自分を刺したのではないかと春田は証言した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「科捜研の女」に関する記事

「科捜研の女」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「科捜研の女」の記事

次に読みたい「科捜研の女」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

科捜研の女

科捜研の女

シリーズ開始から20年を迎えた沢口靖子主演の大人気ドラマ。京都を舞台に、沢口演じる法医研究員・榊マリコが最新の科学捜査テクニックをもって事件の真相解明に挑む。テレビ朝日系にて、2019年4月18日~2020年3月19日放送。

2019年8月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。