review

「やすらぎの刻~道」テレビ業界最大のタブー、視聴率問題に斬り込む。倉本聰からテレビ局への鉄槌第19週

       
倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第19週。

「やすらぎの郷」の老人達がバラエティ番組に出演し、自分たちが出演した頃とは変わってしまったテレビ局に翻弄される。
「やすらぎの刻~道」テレビ業界最大のタブー、視聴率問題に斬り込む。倉本聰からテレビ局への鉄槌第19週
イラストと文/北村ヂン

視聴率問題に斬り込むアナーキーすぎる菊村栄


乃木坂テレビの60周年事業として企画された、「やすらぎの郷」住人たちが大挙出演する特別番組。

テレビ朝日開局60周年記念ドラマである本作「やすらぎの刻~道」のようなドラマで、そのシナリオとして、菊村栄(石坂浩二)が誰にも見せるつもりがないまま書き進めていた「道」が採用されて……みたいな展開を予想していたのだが、そうではなく、豊臣家康(木下ほうか)というお笑い芸人が司会を務めるバラエティ番組「お笑い大将」(つまらなそう!)のスペシャル企画らしい。

要は、かつてのスターたちを集めて「あの人は今」的な企画をやろうということなのだろう。

桂木夫人(大空眞弓)率いる「やすらぎの郷」新参組の面々は「夢をもう一度」ということで出演に前のめりだったが、古参のマヤ(加賀まりこ)やお嬢(浅丘ルリ子)たちは、世間から隠されてきた「やすらぎの郷」の平穏が乱されるとして強硬に反対。対立がますます深まっていく。

いずれにしても、出役ではない菊村にとっては関係のない話ということで、どっちつかずの態度を取っていたものの、脚本といえないレベルの「お笑い大将」の構成台本を読んだことで憤慨する。

「いけませんね、この台本は。過去のテレビ人たちが必死になって作ったものを、ひたすら笑いの種にしようっていう制作態度は納得できません」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「やすらぎの刻~道」テレビ業界最大のタブー、視聴率問題に斬り込む。倉本聰からテレビ局への鉄槌第19週」の みんなの反応 2
  • jinn 通報

    菊村先生の怒りのコメント、頷きながら見ていました。桂木一派を笑いに来たはずのお嬢達が、あまりの事に憤慨したり、鉄拳制裁を見て喜んだりしたのも良かったです。

    19
  • マロン 通報

    最近のお笑い番組の低レベル、そして内容のひどさに思うところがありましたが、豊臣軍団をやっつけた秀さんたちに喝采。菊村先生の脚本家としての、確かな眼にも感心。

    8
この記事にコメントする

もっと読む

「やすらぎの刻~道」に関する記事

「やすらぎの刻~道」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「やすらぎの刻~道」の記事

次に読みたい「やすらぎの刻~道」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道

幅広い世代から絶大な支持を集めた『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が、新たに映像化。倉本聰×テレビ朝日が再タッグを組んでお送りする『帯ドラマ劇場』にて、2019年4月8日~2020年3月27日放送。

2019年8月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。