review

「やすらぎの刻~道」前立腺がん疑惑の石坂浩二、人生の「締め切り」を考える第18週

倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第18週。

先週、しの(清野菜名)と三平(風間晋之介)が再会し接吻……。という、ものすごくいいところで菊村栄(石坂浩二)の筆が止まってしまった「道」パート。……ということで今週は全編「やすらぎの刻」パートだ(嬉しい!)。
「やすらぎの刻~道」前立腺がん疑惑の石坂浩二、人生の「締め切り」を考える第18週
イラストと文/北村ヂン

前立腺がん疑惑で人生の「締め切り」を意識する


・「やすらぎの郷」の村長面をするようになった桂木夫人(大空眞弓)と、マヤ(加賀まりこ)&お嬢(浅丘ルリ子)のバトル
・菊村に持ち上がった前立腺がん疑惑
・噂話が広まるスピード調査問題

「やすらぎの郷」内では、次から次へととんでもないトラブルが巻き起こり、菊村も当分はシナリオなんて書いている場合じゃなさそう。特に「噂話の広がり方」の調査に、かなりの時間を割かれることにいらだちを見せる。

「こんなアホなことに、残りの時間を無駄に費やしてる暇なんかないのだ」

突然、菊村の亡き妻・律子(風吹ジュン)が現れる。……幽霊がよく登場するドラマだねぇ。

「あとどのぐらい、時間あるのかしらね?」

「名倉さんの話だと前立がんはゆっくり進むらしい」

どこからの依頼も、締め切りもないまま、菊村が自主的に書き続けてきた「道」のシナリオではあるが、前立腺がんの疑いが持ち上がったことで「締め切り」を意識するようになる。人生の「締め切り」だ。

前作「やすらぎの郷」のシナリオ執筆時、倉本聰は「完結前に死んでしまったらどうしよう」という不安と戦いながらペンを進めていたということだが、そんな経験が、このシーンに込められているのかも知れない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「やすらぎの刻~道」前立腺がん疑惑の石坂浩二、人生の「締め切り」を考える第18週」の みんなの反応 2
  • jinn 通報

    お嬢とマヤ、本当に復讐を企てるのがねちっこいけど、自分達が直接手を下さない所が更にねちっこくて怖いです!

    3
  • うさ 通報

    やすらぎの郷からのファンです。 ヂンさんのレビューめちゃめちゃ楽しみにしてます! 暑い日がまだまだ続きますが、体に気を付けてたくさんレビュー書いてください!

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道

幅広い世代から絶大な支持を集めた『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が、新たに映像化。倉本聰×テレビ朝日が再タッグを組んでお送りする『帯ドラマ劇場』にて、2019年4月8日~2020年3月27日放送。

2019年8月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。