review

「いだてん」岸清一と岩松了があまりに似ていて驚愕、まーちゃん「誰のためのオリンピックか?」32話

先週8月18日放送の「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第32話終わりの「いだてん紀行」を見て、多くの人が「うわ、似てる!」と思ったのではないだろうか。何が似ているのかといえば、劇中に登場する大日本体育協会会長(2代目)の岸清一と、それを演じる岩松了である。ドラマの公式ガイドブックでは、岩松が、今回の出演が決まったあとで脚本の宮藤官九郎から岸と顔が似ていると言われ、《僕が演じるのはおこがましい気がしていたので、顔だけでも似ていてよかったです》とコメントしていた。

その岸清一は、第32話の劇中、1932年のロサンゼルスオリンピックから帰国後、昭和天皇にオリンピックの成果を進講したのち、1940年の東京オリンピック招致に向けて体協も動き出すなか、急逝してしまった。
イラスト/まつもとりえこ

昭和天皇への進講という栄誉に感激する岸


思えば、今回の岸はいつにも増して感情の起伏が激しかった。冒頭、オリンピック選手の祝賀会で、東京市長の永田秀次郎(イッセー尾形)が、女子200メートル平泳ぎの銀メダリスト・前畑秀子(上白石萌歌)に対し、「なぜ金メダルを取ってこなかったんだね」と言い放ったことに猛抗議し、しまいには「伸びたうどんみたいな顔をして」「さっさと引退して縁側で俳句でも詠んでいたらどうだ」と口を滑らせ、そばにいた田畑政治(阿部サダヲ)に止められるほどだった。ちなみに「俳句でも詠んでいたら……」というのは、永田が俳人(号は「青嵐」)でもあったことによる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

お買いものリンク