review

「いだてん」日系老人「俺は日本人だ!」日本選手の活躍に勇気づけられて叫ぶ31話

NHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」先週8月18日放送の第31話では、「1932年・ロサンゼルスオリンピック編」(と勝手に名づけてみた)がクライマックスを迎えた。
イラスト/まつもとりえこ

前畑の銀メダルに続き、日本勢が表彰台を独占


冒頭では前回のラストからの続き、前畑秀子(上白石萌歌)が出場した女子200メートル平泳ぎ決勝の模様が描かれた。スタート直前、プレッシャーに打ち震える前畑に、総監督の田畑政治(阿部サダヲ)が「おい前畑、どうしても勝ってくれ!」とさらにプレッシャーを与える。だが、前畑はチームメイトから緊張する場合は“河童のまーちゃん”(田畑のあだ名)がキュウリを食べる姿を思い出すよう言われていたので、田畑の顔を見てかえって緊張がほぐれたようだ。号砲が鳴り、スタートした前畑をプールサイドで田畑は追いかけるが、係員に止められる。水中カメラによる力泳シーンは迫力があった。

ゴールでは憧れの先輩・鶴田義行(大東駿介)が待ってくれていた。プールから上がると、前畑は3分12秒4の日本記録を出し、2位との結果が発表される。4年前のアムステルダムオリンピックの人見絹枝(菅原小春)に続き、日本女子2人目のメダリストの誕生だった。試合直後の実感放送で、レースの感想を求められた前畑は「自分でやったとは思えない。きっと神様が助けてくださったのです」と答える。

このあとも日本水泳陣の活躍は続く。100メートル背泳ぎでは日本勢が表彰台を独占し、1500メートルでも金・銀メダルを獲得した。前者について前回レビューで私はうっかり、劇中ではスルーされていたと先走って書いてしまったが、今回ちゃんと出てきた。ただし、あっさりとしたとりあげ方ではあったが。表彰式(実際にはこの大会の表彰式は、閉会式にメインスタジアムで全競技まとめて行なわれたという)では、会場から現地の日系人による「君が代」の歌声が聞かれた。その光景に、1940年の東京オリンピック招致のため来ていた嘉納治五郎(役所広司)は「普段肩身の狭い思いをしている彼らにこれほどうれしいことはない」と語る。体協会長の岸清一(岩松了)も泣きながら、必ずや東京にオリンピックを持って来るんだと息巻くが、隣りにいた田畑が「だからそれはすべてが終わってから」と抑える。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

お買いものリンク