review

「いだてん」来たぜロサンゼルス。田畑政治(阿部サダヲ)はなぜかくもメダルにこだわるのか、真相29話

1932年7月、田畑政治(阿部サダヲ)が総監督として率いる日本水泳陣がロサンゼルスオリンピックに向け、ついにカリフォルニアにやって来た。NHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」先週8月4日放送の第29話での話だ。
「いだてん」来たぜロサンゼルス。田畑政治(阿部サダヲ)はなぜかくもメダルにこだわるのか、真相29話
イラスト/まつもとりえこ

ロスに来て奮起する高石


今回のもう一人の主人公は、高石勝男(斎藤工)だった。高石は前回のアムステルダムオリンピックで銅メダルを獲得していたものの、その後年齢的に実力は衰えていく。一方で、次々と若い選手が現れ、めざましい成長を遂げていた。そのなかにあって田畑は高石に対し、ロサンゼルスには連れていくが、それは選手としてではなく、チームを束ねるための「ノンプレイング・キャプテン」としてだとはっきり告げていた。

しかし、まだ望みが完全に断たれたわけではない。日本代表の最終選考はロサンゼルスに入ってから、オリンピック開幕直前に行なわれることになっていた。そこで高石は、後輩たちが練習している昼間は避け、夜に一人プールに通っては練習を重ねる。じつは田畑の本心も、あえて高石を厳しい状況に追い込むことで奮起させようという狙いがあった。それを知った高石は何とも言えない気持ちになる。

はたして最終選考を終えて、代表が発表された。だが、そこで田畑の口から高石の名前が呼ばれることはなかった。それでも高石の表情は晴れやかだった。そこにはとにかくやり切ったという達成感があったからだろう。

暗い日本を明るくしたい!


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いだてん」来たぜロサンゼルス。田畑政治(阿部サダヲ)はなぜかくもメダルにこだわるのか、真相29話」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    「いだてん」いいドラマだけどな。時間帯が悪かった。朝ドラの視聴率がいいのは時間帯の おかげだろ。くそ面白くなくても、それ程 視聴率が下がらない。

    2
  • 匿名さん 通報

    いだてんを見ないなんて「バカか」「高齢者か」という一部視聴者の選民意識も嫌らしい。静かに自分だけで楽しめばいいのに。

    2
  • 匿名さん 通報

    受信料で作ってる番組だから視聴率より 民放が放送しないような いいドラマや忖度のない番組を作ってほしい。 いだてん いいよ! 政府に忖度のない放送を!

    2
  • 匿名さん 通報

    国民の9割以上が見ようともしない大河ドラマは、やはり問題だと思う。お金と時間をたっぷり使って作っているのだから。

    1
  • 匿名さん 通報

    いっそドラマ10なら良かったのかもね 「腐女子〜」みたいな攻めてる枠だから

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年8月11日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。