review

「なつぞら」135話。天陽くんの死、朝ドラで登場人物の死はどう描かれてきたか考察

連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「なつぞら」135話。天陽くんの死、朝ドラで登場人物の死はどう描かれてきたか考察

第23週あらすじ「なつよ、天陽くんにさよならを」135話(9月4日・水放送 演出・木村隆志 矢部誠人)視聴記録


「どうかいつまでもお元気で」
「気になったのはじいちゃん。泰樹さん。少し顔つきが……どうかいつまでもお元気で」と「おはよう日本関東版」の高瀬アナは早くも泰樹の今後を気にしていた(今日は、檜山アナも会話に参加)。

さすが朝ドラをよく見ている高瀬アナ。朝ドラでは、主人公に関わりのある人物が亡くなることで主人公の転換を描く。死を使ってドラマを盛り上げることをあざといという見方もあるが、ドラマだし、主人公の人生(半生)を描くものだから、生きているなかで誰しも誰かの死に出会うもの、それがある契機になること経験は大なり小なり味わっていることだ。その死をどう描くかが、作家の仕事である。
「なつぞら」135話。天陽くんの死、朝ドラで登場人物の死はどう描かれてきたか考察

例えば、近年だと、「あさが来た」。主人公あさ(波瑠)のパイオニア精神に多大な影響を与えた人物五代友厚(ディーン・フジオカ)の死は話題になった。日本をよくするために身を粉にして働き、志半ばで散っていった。彼の寿命を表すかのように砂時計がたびたび映るのが印象的だった。

それから「とと姉ちゃん」では、主人公・常子(高畑充希)の仕事の師匠・花山伊佐次(唐沢寿明)は病に臥せり、常子に雑誌のあとがきを口立てで記録させる。亡くなった場面は見せず、常子はあとから聞かされる。

この記事の画像

「「なつぞら」135話。天陽くんの死、朝ドラで登場人物の死はどう描かれてきたか考察」の画像1 「「なつぞら」135話。天陽くんの死、朝ドラで登場人物の死はどう描かれてきたか考察」の画像2 「「なつぞら」135話。天陽くんの死、朝ドラで登場人物の死はどう描かれてきたか考察」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク