「スカーレット」3話。主人公は理想的な子役、対照的に妹の傍若無人っぷりが凄い
連続テレビ小説「スカーレット」3話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)
連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~連続テレビ小説「スカーレット」 
『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)
「スカーレット」3話。主人公は理想的な子役、対照的に妹の傍若無人っぷりが凄い


第1週「はじめまして信楽(しがらき)」3話(10月2日・水 放送 演出・中島由貴)


日本の真ん中は大阪?
まずは謝りたいことがある。
第二回のレビューで、人は滋賀より京都に目がいってしまいがちと書いたが、第三回で、常治(北村一輝)は喜美子(川島夕空)に日本の中心を大阪と教えていたことがわかった。

実際、昭和22年にはすでに首都は東京になっていたのだが……。そんなことは関係ない。川原家にとっては大阪が大事で、京都には関心はないようだ。やがて喜美子も成長して大阪に行くことになるし、「スカーレット」では世界の中心は大阪なのだ。

ちなみに、BK(大阪局のコールサイン「JOBK」の略称)こと NHK大阪局では「 BKの底力」ということがよく言われるらしい。大阪局に勤務していた演出家の取材をしたときこんなふうに聞いた。

“「BKクオリティーがあるんです。『BKの底力』っていうことがよく言われたりするんですけど、現場で『よし、BKの底力の見せどころだ』みたいなことを助監督が言って、それで、現場がひとつになるんですよ」”(ヤフーニュース個人『テレビ離れに歯止めをかけたいNHKが、よるドラ「だから私は推しました」の若手演出家に課したミッション』より)

この記事の画像

「「スカーレット」3話。主人公は理想的な子役、対照的に妹の傍若無人っぷりが凄い」の画像1 「「スカーレット」3話。主人公は理想的な子役、対照的に妹の傍若無人っぷりが凄い」の画像2