review

「スカーレット」30話。後にベストに上がりそうな回「とやあ、とやあ、とやあ」

「スカーレット」30話。後にベストに上がりそうな回「とやあ、とやあ、とやあ」
連続テレビ小説「スカーレット」30話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」30話。後にベストに上がりそうな回「とやあ、とやあ、とやあ」

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第5週「ときめきは甘く苦く」30回(11月2日・土 放送 演出・佐藤 譲)


「とやあ」とは喜美子(戸田恵梨香)が柔道で使用していた掛け声。
草間(佐藤隆太)が生き別れた奥さん・里子(行平あい佳)と会って話をしていないと知って、
彼女の店に行こうと促すときに「とやあ とやあ とやあ」と発破をかけた。

余談だが、この日、昼の「バラエティー 生活笑百科」(大阪局制作)では、「てい!」という掛け声を出演者がしきりにネタにしていた。これが関西、それも大阪のノリなのだろうか。

お互いに礼!


草間の弱気に、喜美子は
「草間流柔道の名に恥じるわ」
「柔道で言うたら 草間さん負けてますよ」
「先生に礼 お互いに礼!」
「相手ときちんと向き合ってお互いに礼して礼して…」
と矢継ぎ早に言う。
このへんがまだお子ちゃまである。草間はいい人だし、喜美子との関係性も深いから、聞く耳をもつものの、
中には「うるさい」「ほっとけ」と怒る人もいると思うのだ。

喜美子のこの潔さは、圭介(溝端淳平)との別れにおはぎを渡し、それを受け取ってもらえなかったこととつながっているような気がする。彼女にとっておはぎは、「相手ときちんと向き合ってお互いに礼して礼して…」だったのだろう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」30話。後にベストに上がりそうな回「とやあ、とやあ、とやあ」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ベスト?なんだかベストや神回の大安売りだねえ。

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

NHK「連続テレビ小説」第101作目のテレビドラマ。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。2019年9月30日~放映中

2019年11月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。