review

「やすらぎの刻〜道」腐乱死体に淑女の放屁、シビアすぎる死と老いに震える…わ、CMディスった?第33週

倉本聰・脚本「やすらぎの刻〜道」(テレビ朝日系・月〜金11時30分〜)第33週。

山から下りてきた老人の死と、淑女の認知症。「死」と「老い」を、とことんシビアに突きつけてきた。
「やすらぎの刻〜道」腐乱死体に淑女の放屁、シビアすぎる死と老いに震える…わ、CMディスった?第33週
イラストと文/北村ヂン

鉄兵兄ちゃんが腐乱死体に


戦時中に徴兵拒否をして山奥に逃げていた鉄兵兄ちゃん。平成になって「恥ずかしながら……」状態で山から下りてきて、なぜか洞窟にこもって洞窟おじさんと化していた。

東京で引きこもっていた翔(菅谷哲也)は、このワイルド過ぎる鉄兵に心惹かれ、冬の間、山で一緒に生活していたようだ。

春が来て、翔が里に下り、農園の手伝いをしたり、女子と出会ったりしている間に、鉄兵は洞窟で死亡。

翔が久しぶりに洞窟を訪れると、そこには腐乱死体が……。

さすがに直接、映像では映していなかったが、ハエの羽音が何よりもリアルに腐乱状態を表現していた。……昼飯時なのに!

「どんな小っこい命でもな、命をうばうってのは心が痛むもんだよ。だから生き物を殺すときには、謝罪でも感謝でもいい。神様に祈るんだよ」

都会っ子の翔に、獣の捕り方、命を奪って生きるということを教えた鉄兵。最後は自らの身をもって「死」を教えたのだ。

ただ、山から下りてきたのも死んだのも、あまりに唐突。

展開が早すぎて、翔を成長させるためだけに出てきた感が強いのが残念。せっかく戦時中から生き抜いてきたのに……。

テレビ業界の本当のタブーに斬り込む!?


バブルの狂乱も知らず、山奥で物欲から解き放たれて生きてきた鉄兵の死後、根来公平(橋爪功)&しの(風吹ジュン)の夫婦は「モッタイナイ」精神がますます燃え上がっているようだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「やすらぎの刻〜道」腐乱死体に淑女の放屁、シビアすぎる死と老いに震える…わ、CMディスった?第33週」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    お年玉の中身は、 500円 玉 じゃなくて、 500円 札 でしたよ。

    6
  • Jinn 通報

    「道」編見てて大好きだった鉄兵兄さんが腐乱死体に、は物凄いショックでしたが…めぐみさんの件でそれ以上にショックを受けました。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。