review

「やすらぎの刻〜道」孫の大切にしているマイコン&ゲームを捨てる!平成の公平は厄介な頑固ジジイ第31週

倉本聰・脚本「やすらぎの刻〜道」(テレビ朝日系・月〜金11時30分〜)第31週。

本格的にスタートした「道」パートの平成編。

昭和生まれ世代からすると、令和になった今でも「平成=最近」という思い込みが根強いのだが、この平成編では思いっきり懐かしい「平成」が描かれて、「平成ってこんなに昔だった!?」と衝撃を受けた。
「やすらぎの刻〜道」孫の大切にしているマイコン&ゲームを捨てる!平成の公平は厄介な頑固ジジイ第31週
イラストと文/北村ヂン

ゲームを捨てるジジイをどう見るか?


終戦直後から平成元年まで一気に時代がワープ。

ナヨナヨしていた根来公平(風間俊介)は、橋爪功演じるやたらガンコなじいさんに。

逆にハネっかえり娘だったしの(清野菜名)は、風吹ジュン演じる大人の女性に(八千草薫が演じる予定だったという目で見るとしっくりくる)。

結婚当初、「その後、しのとの長い一生の中で尻に敷かれ続けた」なんて言っていたが、今のところ公平の亭主関白に見える。

登場人物も激増した。

昭和編では、三平の遺した子・剛と、公平としのとの間に生まれた竜のふたりしかいなかった子どもが、なんと平成編では子ども6人、孫が12人という大家族に。さすが「産めよ増やせよ」時代の夫婦、ご立派!

若干、ついていけないくらい増えた登場人物の中で、キーパーソンとなりそうなのが次男・竜(駿河太郎)の息子・翔(菅谷哲也)だ。

引きこもり状態で、ほぼ口もきかずにゲームばっかりやっている(当時の)現代っ子感あふれる翔。平成元年の時点で16歳ということは、今は46歳くらいか。

当然のごとく、山梨の山奥からはじめて東京に出てきたじーちゃんばーちゃん(公平としの)とは、まったくソリが合わない。

あわせて読みたい

清野菜名のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「志尊淳」のニュース

次に読みたい関連記事「志尊淳」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

やすらぎの刻~道

やすらぎの刻~道

幅広い世代から絶大な支持を集めた『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が、新たに映像化。倉本聰×テレビ朝日が再タッグを組んでお送りする『帯ドラマ劇場』にて、2019年4月8日~2020年3月27日放送。

2019年11月11日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。